宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS A lot of cherry tomatoes たくさんのミニトマト

<<   作成日時 : 2007/08/16 11:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Thu/16/August/fine

画像


A lot of cherry tomatoes colored, orange, green are growing well.
They are generally easier to grow than tomatoes.


オレンジ色や緑色に色づいたたくさんのミニトマトがよく育っている。
概して一般に、トマトに比べて、育てるのは簡単だ。

画像



画像


By the way
I wonder if a tomato is a vegetable or a fruit.
There is an interesting article about it.
(Quotation from wikipedia )

ところで、トマトは野菜だろうか、それとも果物だろうか。
それについての興味ある記事がある。
(ウィキペディアより引用)

“当時、アメリカは輸入の際、果物には関税がかからず、野菜には関税が課せられていた。このため、トマトの輸入業者は、税金がかからないようにと「果物」と主張。これに対して農務省の役人は「野菜」だと言い張った。両者は一歩も譲らず、さらに果物派に植物学者も加わり、論争はエスカレート。とうとう最高裁判所の判決を仰ぐことになってしまった。判決は「野菜」。裁判長はずいぶん悩んだと思われ、判決文には「トマトはキュウリやカボチャと同じように野菜畑で育てられている野菜である。また、食事中に出されるが、デザートにはならない」と書かれた。”(日本語版)

“This argument has had legal implications in the United States. In 1887, U.S. tariff laws that imposed a duty on vegetables but not on fruits caused the tomato's status to become a matter of legal importance. The U.S. Supreme Court settled the controversy in 1893 by declaring that the tomato is a vegetable, based on the popular definition that classifies vegetables by use, that they are generally served with dinner and not dessert . The holding of the case applies only to the interpretation of the Tariff Act of March 3, 1883, and the court did not purport to reclassify the tomato for botanical or other purposes other than paying a tax under a tariff act.”

「この論争はアメリカ合衆国で、法的な係わり合いを持つことになった。 1887年には、果物には関税をかけないで野菜には関税をかけるという合衆国関税法がトマトの位置づけ問題を引き起こし、法的に重要な問題になった。最高裁判所は1893年トマトは野菜であると宣言することによって、けりをつけた。使用法によって、野菜を分類するの流布された定義に基づいて、つまり トマトは一般的にデザートに供されるのではなく、食事に供されるの根拠を持って。この件の判決は1883年3月3日の関税法の解釈適用、最高裁判所は関税法のもと、税金を支払うこと以上の、植物学的 あるいは他の目的のために再分類する意図はなかった。」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
A lot of cherry tomatoes たくさんのミニトマト  宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる