宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャガイモ作りをもう一度

<<   作成日時 : 2008/11/25 18:48   >>

トラックバック 0 / コメント 2

11月25日(火)時雨模様

画像


島ラッキョウの土のひび割れを見て、そのお隣に植えるはずの
ジャガイモ作りを一時、中止していた。

その後、土にさらなる堆肥を入れ、耕し、均し、寝かせておいた。

今日、地表から15cmの深さに、ジャガイモ1個当たり
約25gの肥料を30cm間隔で置いていった。
その後、覆土した。

1週間後に種芋を植え付けたい。


画像


使った肥料はジャガイモ専用の肥料


画像


強風の中、今日もハイビスカスは花開いていた。
2本咲いていた。
異様な環境の中では、異様な咲き方をする。


画像


ミニ耕運機の燃料がなくなったので、近くのガソリンスタンドでレギュラーガソリンを求めた。
こんな形でガソリンを買うのは初めてである。
恐る恐る農機具小屋にしまい込んだ。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
食物の初植えのじゃがいもはついに出番ですか、きっと良い芽が出ますよ。
ハイビスカスの花、りっばです。到底関東では考えられません。いかに気温が高いかですね。
耕運機の燃料入れのタンクを調達しましたね。昔は混合ガソリンでしたが今はガソリンだけですか。20リッターのタンクのようですね。くれぐれ保管と取り扱いには気をつけましょう。
野次喜多日記
2008/11/25 18:57
野次喜多日記さん、こんばんは。
宮古市庁の農業に詳しい方が「本土に比べて宮古島の植え付けはおよそ2ヶ月
早い」と言っていましたが、ジャガイモに即して言えば、概ねその通りですね。
しかし、今なお、ミニトマトや胡瓜、オクラなどの苗が大手の園芸店で売られて
いるのを見ると、私の季節感が完全に破壊されてしまいます(笑)
いかに宮古島でも、冬に向かうこの時期にこれら夏野菜が育つのか?責任を持って販売しているのか?と疑心すら湧いてきます。が一方、気温だけ考えれば、ひょっとすればできるかもしれないと戸惑う心も。(笑)
昔は混合ガソリンを使っていたのですね。私のミニ耕運機は自動車用のレギュラーガソリンを使います。このタンクは5リッターですね。
モノがガソリンなので、事故になれば、おおごと。慎重に扱いたいと思います。
kura
2008/11/26 01:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャガイモ作りをもう一度 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる