宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の目覚めーマンゴーなど

<<   作成日時 : 2009/03/23 17:16   >>

トラックバック 0 / コメント 2

3月23日(月)曇り

画像
3/22

画像
3/23

画像
3/24

長い長い間の休眠を経て、やっと、やっとマンゴーアーウィンの芽から
新しく葉を出してきた。
およそ、4ヶ月間にもなろうか、全く、この間変化がなかった。
苗を買ってまもなくの頃、相当早いペースで葉を新しく
つけていったから、余計にその後の4ヶ月の沈黙は理解し難かった。

この間、わずかな期待を持って、何度、芽を見たことだろう。
しかし、いつもため息。
うんともすんとも、まるで変化なし。
しかし、枯れている様子もない。

4ヶ月もあれば、野菜ならば、苗植えから収穫まで進む種類もある。
しかし、このマンゴーはずっと眠ったままだった。

ほとんどの熱帯果樹の生長は長いスパンで考えなければならないことが
実感として、よくわかる。

さぁ、とりあえず、新しく芽を出してきた。
これから、以前のようなスピードで、大きな葉に生長していくのだろうか。
楽しみである。

マンゴーの生長の記録(11/8〜11/25 2008)
http://1120kura.at.webry.info/200811/article_37.html

画像


もう一つ。
風で全部の葉が飛ばされ、文字通りほぼ1本の棒と
化していたホウオウボクに新しく芽が出てきた。

うれしいことだが、この先、新しく枝や葉をつけた頃、風で
飛ばされてしまうのだろうかと心配だ。

もう、この環境に慣れただろう、強く生長してほしいと
願うのみ。


画像

2/14のホウオウボク。 葉らしきものを1枚かろうじてつけている。


画像

3/23のホウオウボク



画像

新しく芽を出したドラゴンフルーツ。


画像

カボチャの花が数本開いたが、雄花ばかり。
可哀想だが、間引く。
雌花はもう少しあとだ。

やはり、うどん粉病が出ている。葉の下に、サトウキビの藁やススキの藁を
敷いた。ネットも全開。風通しをよくする。
早速、ウリバエ発見。
止むをえないか。ネットの中で、うどん粉病が蔓延してもらっても困る。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!!!
以前からの読者でしたが、今回始めてコメントさせていただきます
初コメントですが、実は先日お会いした者です^^

せっかく色々と島のことをお聞きしたかったのに、夫が昼からのオトーリで
酔いつぶれてしまい、ゆっくりお話できなかったことが残念です
と言ったらお分かりになりますでしょうか??

またお会いできる機会もあると思いますが、その時はもっと詳しいお話や
アドバイスを是非お願いいたします

それから、夫の失態も今回だけは見逃してやって下さいね

また遊びに来ますので、今後ともよろしくお願いします
宜しければ私のオチャラケブログにも遊びに来てくださいね
ttp://karimataokinawabaru.ti-da.net/ (最初にhを入れてください)


沖縄原
2009/03/24 12:16
沖縄原さん、こんにちは。
覚えていますよ、覚えています、この前の事ですから。(笑)その節は失礼しました!
ご主人はその後、お元気でお過ごしですか。昼からのオトーリなら、誰だってつぶれてしまいますよ。私なんか何度も(笑)
宮古島では、「オトーリでの正しい飲み方」が、地元の人たちとお付き合いするためのLesson1になりますね。私なんかは、最近、少し慣れて、逃げ方?を覚えるようになりました。どうも、これが「正しい」飲み方のようです。詳細は、今度お会いする機会があれば、その時にでも。(笑)
ブログ、拝見しました。
トップページの写真がとてもきれいで驚きました。
宮古に移ってこられるようになれば、さらに宮古の美しい風景などがページに
埋まるのでしょうね。期待しています。
また、この前のように楽しく飲めればいいですね。(その後のご主人は地獄だったかも・・)



kura
2009/03/24 15:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の目覚めーマンゴーなど 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる