宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 枠に入らざるもの

<<   作成日時 : 2009/04/06 19:55   >>

トラックバック 0 / コメント 4

4月6日(月)小雨のち曇り 最高気温21℃ 最低気温19℃ 北風のち北東の風

画像


今日は昨日と打って変わって、肌寒い天気。

今、うちの畑では、横に這って生長している野菜が多い。
多いといっても、厳密には3種類だが。
つまり、節成地這胡瓜、西瓜、カボチャがそうだ。
敢えてつるなしインゲンも加えれば4種類になる。

這い過ぎて、最近は防風ネットから顔を出している。
4株植えているが、このままだとあちこちから顔を
出してくる勢いだ。

京都では、胡瓜もインゲンも、支柱を立体的に組み立て
上に這わせていた。
面積もそれほど入らず、見た目も良い。

ところが、今は畝の外へ出てくるものだから、こちらの
足の踏み場に困ってしまう。
この前なんかは、危うく蔓を踏み付けそうになった。

中へ押し戻せばよいのだが、あまり混み合うと、うどん粉病
のさらなる発生の問題も出てきそうだ。



画像
カボチャ

別の悩みとして、依然、カボチャはほとんど雄花、胡瓜はほとんど
雌花の傾向が続いている。男ばかり、女ばかりでは困るのだ。



画像
つるなしインゲン

写真にはないが、ネットの向こうに下葉がはみ出ている。
満タン状態。
支柱を大きいものに変える必要がある。


画像
西瓜に1番花。





画像
オクラ

4本立ての方が1本立てに比べて生長は遅いのだが、
実が柔らかく出来るとのこと。
初めての試みだが、どのように生長していくのか楽しみだ。
オクラは根が直根性だから、こんなこともできるのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
海開きをやったばかりですが気温が下がってしまいましたね。
きゅうり、かぼちゃ、スイカとつるが広く伸びるものばかりで困りましたね。ところでかぼちゃは子供は未だですか、実になる確率を上げるには、雄花の花を摘み取り、雌花に受粉させると良いようです。しかし雄花だけでは無理ですね。
野次喜多日記
2009/04/06 22:36
野次喜多日記さん、おはようございます。
今朝も肌寒く、ジャンバーをはおって過ごしています。しかし、毎日1分ずつ
日の出が早くなり、日の入りが遅くなっています。確実に夏に向かっているようです。
カボチャは一度雌花が咲き、人工授粉を試みたのですが、残念ながら、枯れてしまいました。うどん粉のためかなと考えていますが。
毎日、5,6個程度、大きな黄色の花を咲かせてくれるのですが、全て雄花。その度に、摘み取っているのですが、本当にがっかりですね。
何か栽培に問題があるのかなと考えてしまいます。




kura
2009/04/07 06:19
kuraさん、
野次喜多さんと同じコメントになりますが
海開きが終ったばかりなのに肌寒くなってしまったのですね。
こちらも何日化したら、肌寒い日がまた戻ってくるかも
知れませんね。
カボチャやキュウリ、収穫まではご苦労があるのですね。
私は一度植えれば自然になるものかと思っていましたが
夫に感謝しないといけませんね。
hiro
2009/04/07 12:09
カボチャや胡瓜のうどん粉病に悩んでいます。風がある分、菌が飛ぶ率がたかいのかなと考えたりします。もっとも、カボチャや胡瓜のうどん粉病は本土でも
定番の症状ですが。しかし、やはり活き活きした緑の葉を見たいので、白っぽくなった病葉は気持ちの良いものではありません。
花の事はよくわかりませんが、野菜の世界も、土や肥料などなど、苦労することが多いです。
ご主人もきっと同じではないかな。感謝してあげてください。(笑)
kura
2009/04/07 13:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
枠に入らざるもの 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる