宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮古の畑は厳しいよ

<<   作成日時 : 2009/05/14 23:44   >>

トラックバック 0 / コメント 2

5月14日 晴れ 最高気温 28℃ 最低気温 23℃ 北風のち北東の風

画像


宮古の畑は手ごわいぞ。

何を今さらそんなことを。
昨秋から十分承知していたはずだ。
鍬の入らない土、塩分を含んだ雨、唸る強風。

それに加えて今、虫害に毎日、振り回されている。

カボチャが全滅した。
うどん粉病とウリバエの大量発生。

カボチャのみならず
西瓜、胡瓜のウリ科の野菜の生育もかなり厳しい。

他の野菜はまあまあの出来だが、ウリ科だけは駄目。

胡瓜は何とか1日1〜2本収穫できているが
5株植えてのそれだけの本数だから
どうしょうもない。

西瓜は花も少しはつけているが
葉の裏はアブラムシらしき卵で一杯。
今、徹底的につぶしている。

慌てる時期が遅すぎたか。
京都のノホホン栽培では駄目だと言い聞かせている。
とにかく、この1年、いろいろな経験をしておきたい。



画像


嘆いていても仕方がない。

カボチャ畑の掘り起こし。
かなり深く掘った。30cmぐらいか。
これだけで、汗びっしょり。Tシャツを2枚着替えた。


とにかく土をもう一度作り直す。



画像



挿し木したフウリンブッソウゲ(ハイビスカスの仲間)が開花した。
こんな背丈で開花するのは少し心配な気もするが。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
宮古島の土には苦戦が続いていますね。野菜作りの難しさをもろに感じていますね。しかし何とか頑張ってください。かぼちゃはやはり最適の虫にはだめですね、私も苦戦しています。がっかりしています。実のなる野菜はどうしてもほしいですよ。
野次喜多日記
2009/05/15 17:04
宮古島の野菜栽培の環境は厳しいですね。土、強風、潮風、害虫、どれをとっても京都の畑環境に比べてきついものがあります。こちらの野菜農家はほとんど
ビニルハウスです。露地栽培では、タバコには必ずといっていいほど、黒いビニルのマルチが施してあります。サトウキビには誘殺灯、カボチャには巨大な防風ネット、敷き藁。それぞれ、厳しい環境に即した対策を打っています。
今回、苦戦しているのはウリ科の野菜で、全て横に這わせるものでした。
このあたりにも問題がありそうだと考えています。例えば敷き藁の敷き詰め方
など甘かったのではなかろうかと。うどん粉病、ウリバエなど問題は山積して
いますが、がんばろうと思います。野次喜多さんもお気を落とさず、お励みください。
kura
2009/05/16 04:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮古の畑は厳しいよ 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる