宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS リベンジとなるか? ジャガイモの栽培

<<   作成日時 : 2009/10/30 19:11   >>

トラックバック 0 / コメント 2

10月30日(木)晴れ 最高気温27℃ 最低気温24℃ 東風

画像
熊本産・ジャガイモの種イモ

昨日の朝、種イモを2つ、ないしは3つに切り分け、切断面を乾燥させた。

昨秋から今冬、ジャガイモを初めて栽培した。
しかし、残念ながら、失敗に終わった。

哀しいほどの小さな芋しか収穫できなかった。
種イモ自体が腐っているような株もあった。

何故だろう。

野の前に、昨秋の頃を振り返ってみよう、

ジャガイモ専用の肥料を使い、その肥料袋の裏に書かれてあった
マニュアルに従って作業を進めた。
園芸店で買った種芋を一つひとつ秤に載せ、その重さに応じて
2つとか3つとかに切り取った。

学ぶは真似ぶだ。初心者にとって。
準備は万全だったと思う。

昨冬のジャガイモ作り準備


http://1120kura.at.webry.info/200811/article_36.html


事実、当初はジャガイモの生長はすごかった。
同時期に植えた野菜たちに比して
その生長は目を見張るものだった。
生き生き、葉をぐんぐん伸ばした。

ところが、いつ頃からか、葉の先が黒くなって
弱り、枯れてきた。
花も咲かない。

加えて、土が乾燥し、ひび割れも目立つ。
こういう現象に元京都人は慣れない。

そのたびに、私は水を与えた。
毎日、灌水だ。

これがいけなかったのではなかろうか。
つまり、水のやりすぎ。

ジャガイモを普通の野菜と同じように
考えていたのだ。


画像


夕方、植え付けた。
少し、早かっただろうか。

とにかく、水はやらない。

水を与えてさえいれば、仕事をしたような
気分になる初心者からぼちぼち
卒業したいものだ。

しかしこれで芽は出てくるものだろうか。
少々、不安なのも事実だ。




画像
大根

大根の種、そして今朝、いんげんの種を植え付けた。
いんげんは今冬、使用し、余った種である。




画像


プランターにミニトマトを植え付ける。
合計4株。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そちらはじゃがいもの植付けができる陽気ですね。昨年の失敗を教訓に今回は慎重な栽培をと頑張っていますね。大根、いんげんの種を植え多様ですね。こちらの気温と一ヶ月半ぐらい違いのます。大根はもう食べられる大きさに生長、インゲンは今、収穫しながら食べています。じゃがいもは水に弱いから全快は気を使いすぎたようですかね。今度は成功を祈ります。


野次喜多日記
2009/10/31 18:14
野次喜多日記さん、こんばんは。
そちらでは、大根はぼちぼち収穫の時期なんですね。
こちらの園芸店では、トマト、茄子、トウモロコシなどの「夏野菜」の苗を
盛んに売り出しています。1株48円ですから、本土に比べて、安いように思います。
ジャガイモの種芋も大売り出しですから、今がその時期なんでしょうね。
ジャガイモはそれほど世話をする必要のない初心者向けの野菜と聞きますが
余計なことをしたい私には、やや苦手な野菜になっています。
牛糞堆肥、腐葉土、肥料は撒きましたから、当分、ほったらかしにしておきます。
kura
2009/10/31 19:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
リベンジとなるか? ジャガイモの栽培 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる