宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS パパイアが復活しつつある

<<   作成日時 : 2009/12/25 12:56   >>

トラックバック 0 / コメント 4

12月25日(金)雨 最高気温 22℃ 最低気温 18℃ 南風のち北東の風 
海上風速 12m


画像
どんよりと雨雲がかかった太平洋

今も小雨が降り続いている。(午前11時45分現在)


画像


雨に打たれて、垣根のハイビスカスも沈みがちだ。





画像
画像


(左)8/17 幹を切り取ったパパイア (右)12/25 復活するパパイア

そんな中、パパイアが元気そうに見える。

8月17日、先の台風(8月上旬)で損傷の激しかったパパイアを幹から切り取った。
その後、幹から脇芽のように、枝が伸び、このように復活してきた。

他の花や野菜を芯止めすると、脇芽が育ってくると同じ原理で
あろうか。


画像


のみならず、花から実をつけだした。




画像


大根が人参程度の大きさに太ってきた。





画像


つるなしインゲンも収穫可能な大きさになりつつある。




画像
ジャガイモ

畑、袋とも順調。

記事関連


パパイアの株を切り取るーパパイアの復活法
http://1120kura.at.webry.info/200908/article_15.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
kuraさん、こんにちは♪
あっという間に一週間が過ぎてしまいました。
今までの分まとめて読ませていただきました。
最低気温でも13度もある宮古の冬は暖かそうでとても羨ましいです。
こちらは日中はともかく、朝晩が寒くストーブ無しでは
いられません。たくさん着込んでいるので
身体もコチコチになってしまいました。

畑の作物も順調なようで、良かったですね。
パパイアは昔一度食べたことがあるのですが、熟し切って
実が種からなかなか剥がれなかったことを覚えていますが、
お味は?というとあまり覚えていません。
でもお値段はかなりお高かったような気がします。
こんなフルーツが日常的にいただけるなんてよいですね。
冬だけでも宮古で暮らせたらどんなに素晴らしいだろうと
思います

hiro
2009/12/25 16:05
hiroさん、こんにちは。
宮古にいると、本土での寒さ感覚をどんどん忘れていきます。ストーブを抱きしめたい朝もあったんですね。(笑)昔は。
それでも、宮古も結構寒いというより冷える感じですかね。12℃ぐらいになると、小魚(幼魚)など(たまん→鯛の一種など)が仮死状態になって浮いてくるんです。地元紙のニュースで伝えていました。
いかに宮古が南国であってもさすがに冬は楽園ではありませんね。
といいながら、今日もダイビングしている人がいましたが。ご苦労様と言いたい気分でした。
パパイアは正直食べ飽きたきらい。本土ではこの時期、みかんが相場ですが
食べ飽きることはあまりないですね。
パパイアは甘くて美味しいのですがーパインナップルと同じようにー飽きる部分も感じます。
せっせとご近所や京都におすそ分けしています。
機会があれば、hiroさんも宮古に立ち寄ってくださいね。(笑)
kura
2009/12/25 16:59
明日の早朝便で宮古に行きますが、宮古はあいにくのお天気の
ようですね><
それでも埼玉に比べたら暖かそうで、こちらから着ていく
ダウンジャケットは宮古では邪魔かもですねー^^

沖縄原
2009/12/25 23:22
沖縄原さん、おはようございます。
あいにくの天気のようですね。天気予報によれば、終日、曇り、気温は18℃〜19℃を推移、風向、風速は北東の風、6〜8m/sとの事。やや、肌寒い1日となりそうです。
ご承知の通り、宮古は風が強いですから、気温以上に冷たさを感じます。
念のため、ダウンジャケットは持ってこられた方がいいかもしれません。少し
暑く感じられることもあるかもしれませんが。
私は今セーターを着て過ごしています。朝は冷えます。
機会があれば、お声をかけてください。
kura
2009/12/26 02:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
パパイアが復活しつつある 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる