宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 「春の七草がゆ」をいただく ー スローフード研究会に参加する(1)

<<   作成日時 : 2010/12/08 15:02   >>

トラックバック 0 / コメント 4

12月8日(水)晴れ 最高気温19℃ 最低気温15℃ 北風 海上風速15m

画像
出来上がった料理

お向かいの奥さんからお誘いがあり、久しぶりに
「スローフード研究会」に参加した。

以前、「島ラッキョウを使ってのいろいろな料理」に初めて
参加したが、それ以来の2回目。

前回の圧倒的な女性群の参加を見て、柄になく、それ以降の
参加に気後れしていた。

今日のテーマは「七草がゆの作り方」。

本土では1月7日に「せり、なずな、ごぎょう、はこべ、
ほとけのざ、すずな、すずしろ」を使った粥をいただく
そうだが(私は残念ながらいただいた記憶がない。)
ここでは別の野草を使っていただくようだ。


画像


場所は熱帯植物園近くの「青少年自然の家」飯ごう炊飯場。

なお、「スローフード研究会」は津嘉山千代さん(農家民宿「津嘉山壮」で有名)
が主宰。

会のレシピはいつも1ヶ月後の事を先取りして、決めるとの事。
従って1月の「春の七草がゆ」を今日作るというわけだ。

次に使われた食材を紹介したい。
が、教えていただいた宮古の方の発音が微妙。
例えば「ん」と「うん」の違い。

何度も発音していただくのだが、よく聞き取れない。
こちらが文字化して迫っても、戸惑われる。

途中、本土出身らしき方が紙に野草名を書いて
その上に置かれたが、失礼ながら、同じ本土出身
100%完璧とも思えない。


ということで、私のメモを頼りに記入したが、ひょっとすれば
間違いもあるかと思う。
ご海容願いたい。

なお、並べられた野草は「七草」ではなく「九草」であった。


画像
画像


(左)ハルダマ(右)ンギ(芋の葉)


画像
画像
(左)ヤツフサ(和名ヨモギ) (右)バンツギ(クワノミ)


画像
画像
(左)ノビル(右)フクナ


画像
クピスナ?(和名スベリヒュー)







画像
画像


(左)カミナズー?(和名ツルナ)(右)ムツウサ(和名タチアワユキセンダングサ)





画像


オオタニワタリ(包丁そばの大きい新芽)や
ミヤコゼンマイらしきもの(ミヤコゼンマイではないらしい)も
天ぷらにしていただいた。

次回は「七草がゆ」が出来るまでの活動状況を
お知らせする。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですねー!
「スローフード研究会」は私も一度参加してみたいと思っているんですよー。
宮古の七草粥というのもとても興味があります^^

半分くらいは知らない野菜(野草)ですが、ハルダマはハンダマ、ムツフサはムツウサかもしれませんね。

次回の調理の仕方を楽しみにしてますねー!
沖縄原
2010/12/08 21:25
ところ変わればでしうか、我々の感覚で本土では春の七草は「すずな、すずしろ、、、」ですね。そちらのは、のびるはわかりますが残りはわかりませんね。どんな味になるのでしょうね。
野次喜多日記
2010/12/08 21:59
沖縄原さん、おはようございます。
「スローフード研究会」には2回の参加ですが、皆さん親切で、主宰者の津嘉山さんはとても明るく、宮古の食材に精通しておられ、勉強になります。
是非、いつかの機会に参加されることをお勧めします。

私もハンダマと呼んでいましたが、宮古の方はハルダマとおっしゃっていました。
と書いた後、念のためにネットで調べると、ハルダマ、ハンダマの両方に説明がありました。どちらでもよいのかなと思ってみたのですが、中には「ハンダマ(沖縄本島) 、 パルダマ(宮古) 、 パンダマ(石垣) 」(おきなわ伝統的農産物データーベースHP)の説明もあり、分からなくなってしまいました。(笑)

ムツフサはおっしゃるようにムツウサが正解のようですね。私の聞き違いです。
お詫びして訂正しておきます。
教えていただいてありがとうございました。

kura
2010/12/09 05:16
野次喜多日記さん、おはようございます。
昨日、いただいた限りでは粥が野草入りの雑炊になっていました。
宮古に群生する野草を和え物にしたり天ぷらにしたりしていただきました。
化学調味料を使わず、自然の味で、とても美味しいものでした。

宮古の方の話だと、宮古には食べられる野草が豊富にあり、それぞれ薬草的な効果が期待できるものが多いとの事でした。
ただ、農薬散布の問題もあり、自然に自生しているものをそのままいただくには
抵抗があります。
この辺りの問題は難しいですね。







kura
2010/12/09 05:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
「春の七草がゆ」をいただく ー スローフード研究会に参加する(1) 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる