宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 「春の七草がゆ」をいただく ー スローフード研究会に参加する(2)

<<   作成日時 : 2010/12/09 09:16   >>

トラックバック 0 / コメント 2

12月9日(木)晴れ 最高気温 21℃ 最低気温 16℃ 北風のち北東の風 海上風速10m

画像


調理の場所は飯ごう炊飯場。

一通り、野草の名前が分かった後、洗い場で、皆さん
必要な葉をむしっていく。



画像


同時に、釜場で薪をくべて、火をおこす。
煙が目にしみる。




画像


雑炊づくり。

今回はレシピがないので、抜け落ちもあるかと思う。

ハルダマ(ハンダマ)などの野草を入れていく。

だしは煮干し(だったと思う)。どの料理にもふんだんに
煮干しを使われていたから。この辺り、見ていなかったので
私の推測。

ところで、昔は米の入った雑炊など食べられない、ほとんど
芋ばかりの雑炊だったとは宮古の方の言。

今回の雑炊などは大ご馳走だ。


画像


炊きあがる途中に、たっぷりのゴマ油や宮古味噌を加えていく。
宮古味噌はすぐ溶けるので、そのまま入れても
問題がないというわけだ。

途中の味見。
「ゴマの風味が利いて、とても美味しい」との事だった。


画像


仕上げに玉子を入れる。





画像


天ぷらづくり

煮干しを炒め、オリーブオイルを加えて油を作る。

天ぷら油しか使ったことがないから、煮干しの
意味がよくわからなかった。


画像


クーブ(昆布)イリチィ(炒め煮)づくり。

煮干しを炒める。


画像


昆布や切干し大根を入れ、炒める。
火がきついので、やけどを心配する。



画像


テーブルに並べて、いただく。
野外の風に触れながら、皆さんと楽しく
いただいた「七草がゆ」は美味しいものだった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「芹・なずな・ごぎょう・はこべら・仏の座・すずな・すずしろ・これぞ七草」と子供の頃覚えた春の七草ですが、宮古の七草粥(おじや)は材料も作り方も全く違うのですねー^^
でも栄養たっぷりで美味しそうですねー^^

それにしても、ごま油や味噌での味付けとは想像もしませんでしたよ。
クーブイリチーや天ぷらもとても美味しそう!
いつか必ずスローフード研究会に参加したいと再度思いました。
沖縄原
2010/12/09 19:29
沖縄原さん、おはようございます。
栄養たっぷりに思いました。
調理途中に、「センダングサは高血圧の人によい」とか「ヨモギを乾燥させて敷布団の下に入れておくと腰痛に効く」など、野草の薬草的効能を宮古の方から教えていただきました。
こういう事からも、身体に優しい食べ物をいただいた実感があります。

スローフード研究会には、お向かいの奥さんが毎回参加されているはずですから
いろいろお聞きになればよいと思いますが、食材や料理法などについてとても勉強になる会だと思います。


kura
2010/12/10 10:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
「春の七草がゆ」をいただく ー スローフード研究会に参加する(2) 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる