宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮古の庶民料理をいただく  宮古島市も被災者受け入れ 

<<   作成日時 : 2011/03/19 10:44   >>

トラックバック 0 / コメント 2

3月19日(土)曇りのち晴れ 最高気温24℃ 最低気温18℃ 東風のち南東の風
海上風速 9m

画像
画像
ミミガ―(左)ラフティ(右)

先日、ご近所で、宮古の庶民料理をいただく機会があった。

作っていただいた奥様の料理の腕が素晴らしく、出汁も工夫され
どれもおいしいものであった。



画像
画像
テビチ(右)ニガナの白和え(右)



画像
画像
ニガナの白和え(左)中味汁



画像
黒小豆のご飯



画像
地元のぜんざい

黒糖汁の中に大麦、 緑豆、白玉団子が入っている。



画像
大ご馳走

お孫さんたちが歌を歌ったり、柱を攀じ登ったりのパフォーマンス
を見せてくれた。
その元気な姿も料理と同じ、大ご馳走だった。

宮古島市も被災者受け入れ

今朝の新聞報道によれば、宮古でも、被災した3家族に市営住宅を家賃免除(光熱費は自己負担)で受け入れるようだ。
6か月の期限付きだが、要望があれば、1年間延長できる。

現段階では市営住宅8戸の空きがあり、今後も順次対応していく模様だ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご近所での宮古島の料理は美味しそうですね。起用にkuraさんでもなかなか難しい料理のご様子。ニガラの和え物で何の野菜でしょうね。また、こちらでの赤飯のようなものもありますね。

遠い宮古島でも早くも今回の地震の被災者の受け入れ早い対応には敬服します。
埼玉県でも大きなスポーツ施設で5000人は今月一杯ですが一時的に受け入れています。その後、各市町村でその後の準備が整えなれています。我が越谷でも大きな施設がまもなく整えます。
野次喜多日記
2011/03/20 16:35
野次喜多日記さん、こんにちは。

宮古では食用、薬用になる野草が多いです。ニガナ(苦菜)もその一つのようです。豆腐等で和えたものをいただきました。

埼玉も大変なようですね。この前、越谷市も「計画停電」のエリアに入っていることを知りました。
幸いというべきか、埼玉隣県では死者が出ているのに、埼玉は出ていないようです。
しかし、しばらくは不便な生活が続くようですね。お孫さんはじめ、皆様のご健康をお祈りします。

宮古も昨日、大勢の中学生がスーパーの前に立ち、大声を出して、募金活動に励んでいました。
今は日本中の多くの人が被災された人に対し、自分にできることを模索していると思います。
私も自分のできる範囲の事をやり、応援したいと思います。



kura
2011/03/20 18:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮古の庶民料理をいただく  宮古島市も被災者受け入れ  宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる