宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒糖づくりを見学する

<<   作成日時 : 2011/05/01 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

5月1日(日)曇り 最高気温27℃ 最低気温24℃ 南風 のち南西の風
海上風速10m

画像


一昨日から、知人のお知り合いのご家族が宮古に来られている。

その彼らが黒糖づくりに参加したいというので、その現場に立ち寄ってみた。
例のツリーハウスを建てたおうちがその場所。

なお、黒糖づくりは以前に一度だけ、体験させてもらっている。

キビ刈り(黒糖づくり)体験記(収穫から原糖まで)

http://1120kura.at.webry.info/201002/article_1.html

火加減が難しい。

画像


完全に固まる前の黒糖液(というのか?)はシロップ
として使うようだ。
とても甘い。

画像
シロップ



画像


さらに、かき混ぜて固めていく。



画像




画像
「黒糖の花」



画像


子どもたちがいるので、ハート型の黒糖菓子のサービス。
意外と型から外すのが難しい。



画像





画像
ローゼル茶

ほのかな酸味があってなかなか上品な味だ。
生食のほかジャム・ゼリー・酒にも使われるようだ。



画像
栽培中のバラ

花は雨に弱いので、このようなきめ細かな
配慮がなされている。
見習い点だ。



画像
グァバの花

果実はそのまま食用とするか、デザートなどに使われるようだ。



画像
カニステル(エッグフルーツ)

いつもながら、絵になる風景。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
サトウキビから作られる黒糖、こちらのお店の転倒にも売られていますが結構な値段です。サトウキビから絞った液をとろとろ煮詰めることにより硬い塊の砂糖が出来上がるのですね。紹介があった途中のシロップ状の利用価値があることを知りました。
料理の味付けにも使えるのでしょうね。

バラの花にも雨よけのため傘をかけるとはなかなかのものです。雨除けといえば今、トマト栽培に実の割れを防ぐため屋根つきにしょうと考えています。
野次喜多日記
2011/05/01 17:19
野次喜多日記さん、こんばんは。

おっしゃる通りの手順で、黒糖が出来上がります。

未だ固まらない黒糖シロップは、釜から鍋を下ろして確か5分間(そのように聞きましたが間違っているかもしれません)の間に、すくい取ります。すぐ、固まってしまうようですから。
料理の隠し味としても使われているようです。

トマトは特に梅雨の時期、ビニル屋根のようなものを
設置すると万全のようですね。

京都の頃、それが、出来切らず、寒冷紗で覆う程度にしていました。
それでも、ミニトマトでしたので、予想以上の収穫がありましたが。





kura
2011/05/01 21:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒糖づくりを見学する 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる