宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 野菜作りのために奮闘す  庭の花

<<   作成日時 : 2012/02/23 22:15   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2月23日(木)雨のち曇り 最高気温24℃ 最低気温 21℃ 南風のち北風
海上風速9m

画像


2,3日前から、これからの野菜栽培のために、土・畝づくりに
精を出している。

昨日も、牛糞堆肥 30リットル/袋×4袋 腐葉土20リットル/袋×2袋
を土に混ぜ込み、ミニ耕運機で繰り返し畝を往復していた。

お陰で、移住当初、鍬やスコップをはねつけたコンクリートのような
固い固い土も、今はかなりふかふかになった。砂浜を歩くような
感じさえする。

その様子を見ていた部落のプロ農家の2人の方は

「土がよくないね。細かすぎる。」

おっと!
ふかふかの細かくなった土ではいけないのか。
京都で学んだ家庭菜園での常識が少々揺らぐ。


「野菜作りは鶏糞だよ。牛糞では弱い」のアドバイス。

諸先輩のありがたいお言葉に正直、感謝だが、一方迷いも増える。

元肥で何とか調整し、アドバイスを活かしたい。


画像


今朝は生憎、雷を伴うような雨。
作業は中止。
まぁ、ぼちぼちやろう。


画像
マルチ

今年は一部の野菜にマルチを施そうと考えている。
私にとっては初めての試み。





画像
種まき用の土を準備

無肥料の土で種から苗までを育てるための土。

さて、今年は何を植え付けようか。
畑のレイアウトを考えるにも、いろいろと悩ましい。


庭の花


画像
家内が植えたコリウス

画像
同じくベゴニア


画像


多分「ダンドク」であろう。園芸種のカンナの原種のひとつだ。
花壇の隅に、一点、際立った赤をみせる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
畑の土作りから、色々とご苦労があるのですねー。

土の柔らかさや細かさ、植える物によって肥料が変わるとか、農業は知識と体験とで少しずつ会得していくものなのですね。

それにしても近所の農家の方からお知恵を授かることができるのも、日ごろのkuraさんの心がけが良いからですねー^^

ご苦労の末に採れたお野菜は、きっと何倍も美味しく感じられるのでしょうが、これからの宮古の強烈な日差しには、どうぞお気をつけになってくださいね!
沖縄原
2012/02/24 11:14
沖縄原さん、おはようございます。

京都では、主に、本からの知識を借りて、それなりの苦労はあったものの
何とかやってこれました。

宮古では、ご承知の通りの土、風、雑草、虫などで、野菜栽培も
なかなか思うようにいきません。
今年は奮起して、実物野菜(茄子やトマトなど)にも手掛けたいと
思いますが、どうなることやらの思いです。
まぁ、やる以上は最善を尽くしたいと考えていますが。

ご近所の方のアドバイスはありがたいです。植え付けるものや
栽培環境が違いますから、即実践に役に立つというものでは
ありませんが、野菜作りの話だけでも出来ることはうれしい事です。

最近の宮古は雨が続き、強い日差しがほしいと願っていますが、また日差しが
強くなってくれば、ひと雨ほしいと願うでしょう。勝手なものです。

まぁ、その時々の天候に振り回されず、坦々と過ごしたいものです。




kura
2012/02/24 12:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
野菜作りのために奮闘す  庭の花 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる