宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 強風下の宮古では、ふかふか土では根は育たないか 露地植えハイビスカスが元気

<<   作成日時 : 2012/11/08 18:58   >>

トラックバック 0 / コメント 2

11月8日(木)晴れ 最高気温25℃ 最低気温21℃ 北東の風のち東風 海上風速7m

画像


畑をミニ耕運機で耕す。
雑草を一掃し、畝づくりはこれからだ。

宮古の複数の知人(プロ農家)が「土が悪い。もっと黒っぽっく、
固い土でなければ」とか「およそ作物が出来る土ではない」とまで
極論する。

と、言われてもなぁ。

この土は、移住の際、業者の方にお願いをして
入れてもらったもの。
土中にキビの破片がたくさんあったから、もともとは
キビ畑の土であったのだろう。

当初はコンクリートのような土になっていた。
鍬もスコップもはねつけるカンカンの固い土。

悪戦苦闘、やっとここまで、ふかふかの
土にしてきたのだ。

しかし、強風下、露地で根を張らそうとすれば、
この土では無理も分かるような気がする。

ふかふか土自体は植物の生育にとって悪くはないが
やはり風が根を安定させない側面もあろう。

要は土もさることながら、風対策が一番と
考え、防風ネットと丈の低い野菜を
栽培していこうと思っている。



画像


とりあえず、今まで通り、牛糞堆肥5袋、購入。

これまで、成功してきた
シュンギク、ラッカセイ、島ラッキョウ等を
栽培する予定。


露地植えハイビスカスが元気



画像
画像


ハイビスカス(うりずん)の花蕾(左)ハイビスカス(アイスピンク)の花蕾(右)

ハイビスカスの花の蕾がたくさんつきだした。
気候が涼しくなり、生育のための適温状態になってきたのだろう。
夏の間はほとんど沈黙していた。

今日さらに油かすを投入。



画像
画像
うりずん(左)アイスピンク(右)

色も一層濃く、鮮やかになりつつある。


画像
ウコン

沖縄原さんからいただいたウコンが苦戦。
宮古の常とはいえ、虫に喰われている姿は哀しい。

活力剤を3本注入した。
少しは回復するか。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ナイチャーにとって畑の土はフカフカが良いのが常識ですが、土作りも場所に合わせなければいけないのですね。

美味しい野菜がたくさん収穫できると良いですね!

それにしてもハイビスカスが本当に良い色ですねー^^
先月拝見した時より一段と濃く鮮やかで、宮古が良い季節なのだと分かります。

ところでウコンが虫に食われているようですが、ウコンの葉を食べた虫は元気になるのかな?
虫が元気になっちゃ困りますが、考えたらちょっと笑っちゃいました^^
沖縄原
2012/11/10 22:50
沖縄原さん、おはようございます。

相変わらず、ナイチャ―の栽培感覚のままで、困ります。
「人を見て法を説け」ではありませんが、環境に合わせた
栽培法が必要です。

ハイビスカスは今がいいですね。今頃の気温がよいようです。
宮古の夏は厳しすぎて駄目なようです。

虫は元気になるでしょうね。虫にとってウコンの葉は
エサ以外何物でもないわけですから。

私も宮古移住の頃は、食害する虫を敵愾心を持って
追っ払っていましたが、今はかなり穏やかな気持ちでいます。
虫も生きていきたいだろうし。

喰われても、たくましく生きるウコンの力に期待しているところです。


kura
2012/11/11 08:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
強風下の宮古では、ふかふか土では根は育たないか 露地植えハイビスカスが元気 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる