宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりの楽しい家族談義  母の作品

<<   作成日時 : 2012/12/19 19:18   >>

トラックバック 0 / コメント 6

12月19日(水)曇り 最高気温5℃ 最低気温2℃ 北西の風

画像


今朝から家内は忙しかった。
昼に私の実母、実妹を招いて、昼食会を自宅でするというのだ。

軽い脳梗塞を患った母親の足下はややおぼつかない。
腰や手を支えてもらいながら、やっと2階に上がることができた。

妹の民謡練習の様子(録音)など聞きながら、久しぶりの家族談義。

とても楽しいひとときだった。


以下は家内が作った料理。

画像
レンコンマンジュウ


画像
サラダ



画像
小芋と手羽先の煮込み



画像
温泉湯豆腐



画像
ハモとレンコンと青ジソの天麩羅


画像
ちらし寿司



画像
茶碗蒸し




画像
福井の水羊羹



母の作品


画像



病後の作品にしては、それなりに立派にできている(のがうれしい)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
奥さまの力作のお料理と器の数々・・・
家族揃って笑顔で食卓を囲んだのですねー^^
心のこもったおもてなしに、お母さまも妹さんもきっと喜ばれたことでしょう。

ところでお母さまは体調を崩されていらしたのですね。
kuraさんもご心配だったことでしょうね。

でも絵を拝見する限りいつものように勢いがあり、思い切りの良いお母さまらしい素敵な絵ですねー^^

若草色のバックと寒椿の花とのコントラスト・・・お母さまの若々しい感性にハッとさせられました^^
沖縄原
2012/12/19 21:06
ご無沙汰しています。
本土の実家へ帰っての家族の再会、喜ばしいです。
宮古島からの帰省はめったには出来ないでしょうが、懐かしさに変わったところも会ったでしょう。話は尽きないですね。

奥様が作られた器に美味しい料理が添えられましたね。ご病気だったお母さんが素敵な絵を描かれて元気さが伺われます。

めいめいに作られたチラシ寿司は私も大好きです。
野次喜多日記
2012/12/20 16:59
沖縄原さん、こんばんは

お陰さまで、2人とも喜んでくれたようです。
器は湯豆腐の土鍋、ちらし寿司のプラスチックの椀以外は
家内の作品です。

母は軽い脳梗塞を患い、一時、落ち込んでいましたが、
今は回復、デイサービスにも楽しく通っているようです。

患っていた頃、描いた絵を送ってきましたが、以前の
作品と違い、元気のない作品で、心配したものでした。

今回の絵は色もきちんと線の中に入り、以前のものと
あまり変わらず、安心しました。

いつもながらのお誉めのお言葉やご心配のお言葉を
頂き感謝しています。
ありがとうございました。


kura
2012/12/20 19:11
野次喜多日記さん、こんばんは

お久しぶりです。お元気でお過ごしでしたか。

京都の家族とは時々メールや電話で近況を話し合っていますが
会って話をするのはまた格別のものがあります。
ざっくばらんに話し合え、笑顔で触れあえるのがいいですね。

格安航空の参入で宮古と京都はずいぶん近くなりました。
ありがたい事だと思っています。

今回、うれしかったのは、なんといっても母が
元気だったことです。
まぁ年が年ですので(大正13年生まれ)1日、1日を
楽しく過ごしてもらいたいと願っています。

ちらし寿司は何度か作りましたが、簡単で、しかも
見かけの豪華な感じに加え、美味しいので、私も大好きです。

お心のこもるコメント、ありがとうございました。







kura
2012/12/20 19:39
kuraさん、こんにちは〜♪
奥さまの作られた器とお料理の数々、素晴らしいですね。
お母さまも妹さんもさぞ喜ばれたことでしょう。
今年のお正月料理はこの中のメニューを参考にいくつか
作ってみたいと思います。

お母さま、脳梗塞を患われていたのですね。
でも作品を見る限り、心配はないようで良かったですね。
椿がとても綺麗です。

hiro
2012/12/22 15:04
hiroさん、こんばんは

家内が作った料理の中に、hiroさん宅のお正月料理
を飾るメニューがあったとはうれしいですね。
家内が聞くと、大変喜ぶと思います。

しかし、以前、拝見したhiroさんのお正月料理も
とてもきれいで、豪華であったように記憶しています。

幸い軽い脳梗塞でした。ご飯を少しこぼしたり、言葉が
少し聞きとりにくいと聞いていましたが、この日は
それほどの事もなく、安心しました。

「絵を描いている時が1番楽しい」と言う母ですので
絵が思うように描けないとなると、やはり心配です。

比較的気丈な母ですので、気持ちをしっかり持って
過ごしてもらいたいと思っています。
kura
2012/12/22 17:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりの楽しい家族談義  母の作品 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる