宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮古島の与那覇前浜ビーチが第1位ー国内ベストビーチ(トリップアドバイザー調べ) 

<<   作成日時 : 2014/03/22 20:16   >>

トラックバック 0 / コメント 2

3月22日(土)晴れ 最高気温19℃ 最低気温15℃ 北東の風 海上風速13m

画像
今朝の地元紙

今朝の地元紙によれば、

与那覇前浜ビーチが昨年に続いて
国内のベストビーチ第1位に選ばれた
そうだ。

これは世界最大の旅行口コミサイト「TripAdvisor(R)」の
日本法人トリップアドバイザー(株)が、過去1年間に
投稿された世界の旅行者からの口コミをもとにした
「トラベラーズチョイス(TM) 世界のベストビーチ 2014」
として発表したもの。

これによると

日本のトップビーチ10

1. 与那覇前浜ビーチ/宮古島(沖縄県)
2. コンドイビーチ/竹富島(沖縄県)
3. 白良浜海水浴場/白浜(和歌山県)
4. ニシ浜ビーチ/波照間島(沖縄県)
5. はての浜/久米島(沖縄県)
6. ニライビーチ/沖縄本島・読谷村(沖縄県)
7. 新城海岸/宮古島(沖縄県)
8. 砂山ビーチ/宮古島(沖縄県)

9. 阿波連ビーチ/渡嘉敷島(沖縄県)
10. 奥間ビーチ/沖縄本島・国頭村(沖縄県)

ちなみに

世界1位はブラジルのフェルナンド デ ノローニャの「サンチョ湾ビーチ」。
アジアの1位はフィリピン・ボラカイ島の「ホワイトビーチ」との事だ。


画像
今日昼の「与那覇前浜ビーチ」

街で用事を済ませた帰り、前浜ビーチに立ち寄ってみた。

埠頭にグラスボードの船が繋がり、砂浜には、少なくない
人たちが、海や砂浜を楽しんでいた。



画像
グラスボード

アジアでは、前浜ビーチは第25位。
意外な感じがする。
これでは、「東洋一美しい海」の宣伝文句も影が
薄くなるというものでないか。

ちなみにアジアのトップテンは

アジアのトップビーチ10

1. ホワイトビーチ/ボラカイ島(フィリピン)
2. ラドハンガービーチ/アンダマン諸島(インド)
3. アゴンダビーチ/ゴア(インド)
4. シークレットラグーンビーチ/エル ニド(フィリピン)
5. ナイハーンビーチ/プーケット(タイ)
6. プカシェルビーチ/ボラカイ島(フィリピン)
7. ライレイビーチ/クラビ(タイ)
8. 亜龍湾/三亜(中国)
9. カベロッシムビーチ/ゴア(インド)
10. プラナンビーチ/クラビ(タイ)

これらのビーチに比べて、宮古島のビーチを訪ねる
人たちの数が圧倒的に少ないのではないか
と考え、ひいきの引き倒しの感、否めないが
一応、納得した。



画像
「竜宮城」から見た風景(伊良部島方向)


画像
「竜宮城」から見た風景(東急リゾート方向)



画像
「竜宮城」から見た風景(ドイツ文化村方向)


画像
画像


来年1月に開通する伊良部大橋が
かすかに見える。(左)

ところで第7位に入った人気の新城海岸だが、この14日までに
トイレ・シャワー施設、駐車場のすべてが撤去されてしまった。

と言うのも、これらの施設は海岸保安林内に沖縄県の許可なく
建設されていたとして、森林法違反行為にあたるとの県の指摘を
受け、撤去されたもの。

私もこれらの施設に何度かお世話になったが
とてもありがたいものであった。

行政は「観光沖縄」「観光宮古島」を本気になって
考えているのか。

新城海岸が遠くなった。


記事関連

トリップアドバイザー

http://www.tripadvisor.jp/

新城海岸の施設撤去

http://www.miyakomainichi.com/2014/03/60812/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
宮古のビーチが今年も国内ベスト10に3箇所入ったのですね^^

でも海外の人から見ると・・・というか、海外からのお客さまが少ないですよね。
アジアのトップ10のビーチの何箇所かに行ったことがありますが、欧米だけではなく韓国や中国からの観光客も大勢来ています。
また物価が安いので若い人たちも気軽に旅行できるのでしょう。

それにしても新城海岸のことは驚きですね!

確かに海岸線は必ず保安林にしなければいけないのでしょうが、観光客のための配慮も考慮して欲しいものですね。

余計な箱物にお金をかけず、宮古のビーチの整備を心がけていただきたいと心から
思います。
沖縄原
2014/03/22 22:14
沖縄原さん、おはようございます

おっしゃるように、宮古には日本のみならず外国の方が
お見えになる数が少ないですね。国際空港もありませんし
英語圏でもありません。宮古自体の情報も少ないのではないかと思います。
その点、かっての植民地であった国への親近感や物価の安さ、エキゾチックな雰囲気などを求めて、アジアに流れるのでしょうか。
特に今はお隣の国とも仲が良くないようだし、観光の面でも疎遠に
なっているように思います。

確かに防災の観点から保安林は必要ですが、観光の観点から
言えば今回のケースはどうなのかなと思います。
観光客の楽しみは海遊びですから
迎えるための施設は是非とも必要です。それを法を盾に
今頃になって、必要な施設を撤去する官僚の頭の堅さに
驚くばかりです。
箱物ラッシュ、公共事業に偏る昨今ですが、今一度
観光資源たる海の環境整備やおもてなしの心を思い出して
欲しいですね。
kura
2014/03/23 09:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮古島の与那覇前浜ビーチが第1位ー国内ベストビーチ(トリップアドバイザー調べ)  宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる