宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅に在る物を使って、「冷やしもずくうどん」を作った イソヒヨドリの卵・その後の様子

<<   作成日時 : 2014/05/10 20:40   >>

トラックバック 0 / コメント 4

5月10日(土)曇りのち雨 最高気温26℃ 最低気温23℃ 東風のち南東の風
海上風速10m

画像
「キッチン みほりん」の「冷しもずくそば」

いつ頃だったか、上野の「ブリーズベイマリーナホテル」
近くの「キッチン みほりん」でいただいた「冷しもずくそば」
があっさり味で美味かった。



画像
画像


で、今日、それをヒントに、自宅に在る物を使って、
「冷やしもずくうどん」を作ることにした。

材料は沖縄原さんからいただいた「半生・さぬき徳膳うどん・亀城庵」
(「つけつゆ」+「美味しいうどんの茹で方」付き)(左)
狩俣漁港で採った冷凍もずく(右)


画像
画像


自宅畑のトマト(左)同じく大根(右)



他にバラの豚肉、自宅ネギ。

豚肉はさっと湯通しをして、冷蔵庫へ。
もずくは解凍。


画像


先ず、自宅にある最も大きい両手鍋にたっぷりの水を入れ、沸かす。

「直径20cmの両手鍋は150gのうどんまで!」
の注意書きに基づき、はかりで150gを計り、
鍋に入れ、蓋をする。弱火。



画像


10分程度、茹でる。


画像
茹であがったうどんを引き上げ、冷水でゴシゴシ洗った後のうどん

ふっくらと、綺麗な色。

解凍したモズクはゴミなどチェックした後、
さっと湯通し(色が緑っぽく変わるのに
は驚いた)、ポン酢をかける。

丼に、つけつゆ20ml+水60mlを入れ
混ぜ合わせる。

画像



各材料をトッピングして完成。

美味しくいただけたが、自分にとっては、やや味が薄めで
あったか。

たかが、一品作るのにあれやこれやの(大)準備。
食べる喜びはほんのわずかな時間。

まぁ、人生、万事、こんなものか。


イソヒヨドリの卵・その後の様子

画像


イソヒヨドリの卵、未だ変化なし(のように見える)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お料理 ご苦労さまでした^^
お店でも提供できそうな出来栄えでお見事!!!

大根おろしと豚バラの取り合わせとは絶妙ですね^^
それにトマトの赤も彩りだけではなく栄養面でGOOD!
モズクは熱湯で戻すと色良く仕上がりますねー。

これで奥さまが来られた時にご馳走できるお料理が、また一品増えましたねー!
沖縄原
2014/05/10 21:46
沖縄原さん、おはようございます

お誉めいただき、ありがとうございます。
食通の沖縄原さんからのお言葉ですから
余計嬉しいです。

いただいた麺をこのように使って良いものか
ちょっと気になっていましたが。

料理は準備、後片付けとそれなりに労力が
入りますが、この頃は朝食前、昼食前に
こだわらず、気分に任せて、あいた時間に
作るようにしています。
わがままな生活です。

さぁ、どうでしょうか。
台所に立たせてくれるかなと
思いますが。




kura
2014/05/11 06:31
もずくうどん、美味しそうです。
冷たいものが美味しい季節になりましたねー。
たっぷりある時間を美味しいもののために使うのは、最高だと。
確かに、食べるの一瞬ですよね(笑)
kumama
2014/05/12 16:23
kumamaさん、こんばんは

そうですね、冷たいものが美味しい季節になりました。
麺類が好きなので、この辺りを中心に美味しい食べ方を
研究(?)したいと思います。

その時々に食べたいものを食べるのを基本に
していますが、自分の消化能力、コッテリ、
塩分排除など、年齢に合わせた食生活にも努め
たいと思っています。



kura
2014/05/12 18:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅に在る物を使って、「冷やしもずくうどん」を作った イソヒヨドリの卵・その後の様子 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる