宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 家内、チュニジアを旅する(21)ー食事編(1)

<<   作成日時 : 2014/06/16 06:53   >>

トラックバック 0 / コメント 2

6月16日(月)曇り 最高気温31℃ 最低気温28℃ 南風のち 南西の風 

旅行記の最後に、旅の間、各所で
いただいた食事についてまとめてきた。

2回に分けて紹介します。

カッコ内は家内の文です。

「お昼に、レストランで出されたものを
中心に紹介します。」

画像
タメルザ村

※こんな所にもレストランがあるのだね。

「4日目、タメルザ村のレストラン
での食事です。

ここでの食事は全部写真を撮ったので
チュニジア風の食事がよくわかると
思います。
 
山岳オアシスの村ですので生野菜は
出ませんでしたが、どれも食べやすく
おいしかったです。

どのレストランでもまず最初にハリッサと
オリーブの塩漬け、パンが出てきます。
 
フランスパンが多かったですが、タブーナ
というアラビアパンもありました。」


画像


「ハリッサは、マグレブ独特の香辛料で、
唐辛子をペースト状にし、にんにくやクミン、
コリアンダーなどいろんな香辛料、
オリーブオイルを混ぜたものです。

辛いのですが、やみつきになります。

オリーブオイルとともにパンにつけたり、
いろんな料理につけて食べます。」


画像


「右がタブーナ、ちょっと硬いです。
左はタブガというベルベル人のピザです。

野菜の煮込みをつめて焼き上げたもので
おいしかったです。」


画像


「シャクシューカという野菜のトマトソース煮込み。
クスクスのような細かなパスタが入っています。

これにもハリッサをちょっと溶かすと
よりおいしいです。」


画像


「タジン、モロッコでは、タジン鍋で蒸し煮にした
料理ですが、同じ名前ながらぜんぜん違います。

チュニジアでは、卵、肉、野菜をグラタン状にして、
オーブンで焼いた料理です。」

○タジン→マグリブ(北アフリカ)地域の鍋料理。もともとは、料理の際に使われる陶製の土鍋のことを指した。(ウィキペディア)


画像


「デザートは、この店自家製のデイツ。
枝つきでした。

干しすぎてなく、柔らかく、この店のものが
1番おいしかったです。」

○デイツ→ナツメヤシの果実

「3日目

スベイトラからガフサ、トズールに向かう途中の
サービスエリアのようなレストラン
の食事

画像


「前菜です。
サラダとオムレツが添えてありました。

チュニジアのサラダは、野菜が細かく
切ってあります。」

画像


「メインは、カムニーニャという牛肉と
レバーをクミンソースで煮込んだ
ものです。

好き嫌いがあったようですが、私は気に入って
ソースもしっかりパンにつけて食べました。

デザートは、大きなオレンジがゴロンと
一人1個出てきました。」


5日目 
砂漠の町ドォーズでの昼食 

「サラダと、羊の煮込みでした。

なぜか写真を撮り忘れました。

このころになるとしょうゆ味も
恋しくなるでしょうということで、
添乗員さんが、昆布の佃煮を
出してくれました。

フランスパンにつけて食べると
なかなかいけました。」

「6日目
 マトマタ、シディ・ドリス・ホテルの昼食


画像
シディ・ドリス・ホテル(←ウィキペディア)


画像


「ブリック、 春巻きの皮のようなものに卵や
パセリ、ツナなどを包んで揚げたものです。

皮がぱりぱりでおいしかったです。」

画像


「クスクス、 鶏肉と大きく切った野菜を
煮込んだものがかかって出てきました。

取り分けて食べたのですが、
全部は食べきれない量でした。」


7日目
 
カルタゴの海沿いのレストランで。

画像


「イカや、小エビの入ったシーフードサラダ。
左は、ドワ・ドゥ・ファトマ、小麦粉をクレープのように
薄く焼いたものでくるくる巻いたもの。

ブリックの春巻き版です。」


画像


「魚のソテー、ガイドさんはマナガツオとか、
カジキかなと言うのですが、はっきりしません。

絶対にマナガツオではないことは確かだと
思います。
しっかり焼きすぎてぱさぱさしてました。

やっぱり魚は、刺身か、塩焼きが好きです。」

※レストランの料理であるから、日頃、チュニジア人
が食べているものとは少々違う部分があるかと
思うが、だいたいの傾向は分かるような気がした。

家内が食事についても好奇心を持って取材し、
楽しくいただけたようで、よかった。


記事関連

家内、チュニジアを旅する(1)ー「シディ・ブ・サイト」(チュニジアンブルー)
「カイラワン」

http://1120kura.at.webry.info/201405/article_12.html

家内、チュニジアを旅する(2)ー「カイラワン(ケロアン)」
「メディナ」

http://1120kura.at.webry.info/201405/article_13.html

家内、チュニジアを旅する(3)ースフェトゥラ遺跡

http://1120kura.at.webry.info/201405/article_14.html

家内、チュニジアを旅する(4) ー「レザールージュ」(赤いとかげ)の旅

http://1120kura.at.webry.info/201405/article_15.html

家内、チュニジアを旅する(5) ー ローズ・ド・サハラ(砂漠の薔薇)、ナツメヤシ

http://1120kura.at.webry.info/201405/article_16.html

家内、チュニジアを旅する(6)ー砂漠の中の蜃気楼、赤い砂漠

http://1120kura.at.webry.info/201405/article_18.html

家内、チュニジアを旅する(7)ー 日干し煉瓦でできた家々

http://1120kura.at.webry.info/201405/article_19.html

家内、チュニジアを旅する(8)ー「アラビアのロレンス」を思い出すね

http://1120kura.at.webry.info/201405/article_20.html

家内、チュニジアを旅する(9)ーテントホテル  

http://1120kura.at.webry.info/201405/article_21.html

家内、チュニジアを旅する(10)ー先住民族の穴居住宅を訪ねる

http://1120kura.at.webry.info/201405/article_22.html

家内、チュニジアを旅する(11)ー古代の人間も怖いね

http://1120kura.at.webry.info/201406/article_1.html

家内、チュニジアを旅する(12)ー観光客が一番多い都市スース

http://1120kura.at.webry.info/201406/article_3.html

家内、チュニジアを旅する(13)ースーク探検(1)

http://1120kura.at.webry.info/201406/article_4.html

家内、チュニジアを旅する(14)ースーク探検(2)

http://1120kura.at.webry.info/201406/article_5.html

家内、チュニジアを旅する(15)ーカルタゴ・かっての地中海世界最大の商業中心地

http://1120kura.at.webry.info/201406/article_7.html

家内、チュニジアを旅する(16)ーカルタゴ(2)ジェノサイドの様相

http://1120kura.at.webry.info/201406/article_8.html

家内、チュニジアを旅する(17)ーマグレブ屈指の近代都市・チュニス

http://1120kura.at.webry.info/201406/article_10.html

家内、チュニジアを旅する(18)ー「ブラ・レジア遺跡」「テルマエ・ロマエ」

http://1120kura.at.webry.info/201406/article_11.html

家内、チュニジアを旅する(19)ードゥッガ遺跡

http://1120kura.at.webry.info/201406/article_12.html

家内、チュニジアを旅する(20)ーチュニス・バルドー美術館を見学

http://1120kura.at.webry.info/201406/article_13.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
待ってましたっ!!!

お料理はどれも美味しそうで心惹かれます^^

特に興味深いのはハリッサです。
唐辛子、ニンニク、クミン、コリアンダー どれも大好きな香辛料です^^
シンプルなお料理もこれさえあればOKと言うような万能香辛料なのでしょうか。

それからタブガというベルベル人のピザ、小麦の味がストレートにしそうですし香ばしそうですねー。

また枝付きのデーツも珍しいですね!
柔らかそうで美味しそう、食べてみたいです^^

卵料理も中々美味しそうですが、タジンというオムレツは見た感じがスペイン風オムレツのようですね^^

カムニーニャは私も美味しくいただけそうですが、クミンは日本人にはあまり馴染みのないスパイスですので、お口に合わない方もいるのでしょうね^^

ブリックも興味が沸きます^^
サクサクして美味しそうですが、1個でけっこうボリュームありあそうですね。
中の具材に味がついているのでしょうか。

魚のソテーは大根おろし&お醤油や照り焼きソースが欲しいかも^^;
でも全体的にはどれもが食べてみたいお料理ばかりです!

沖縄原
2014/06/16 11:40
沖縄原さん、こんにちは

細かく丁寧なコメントをいただき、ありがとうございます。
家内はコメント欄も見ているはずですから、喜んでいると
思います。

沖縄原さんも家内も食については(も)情熱的で
文章からその迫力が伝わってきます。

私は美味しい料理を追求する事に、それほど
意欲的でなくどちらかと言えば、よく漬けこんだ
漬物にうまい酒があればいいと思うタイプで
お話になりません。

しかし、その土地や風土に合わせた異国料理や
郷土料理などに、人間の知恵を感じ、興味を
持って、読んでいます。









kura
2014/06/16 12:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
家内、チュニジアを旅する(21)ー食事編(1) 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる