宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮古空港を1周する@ー昨日の散歩  家内メキシコ料理の「チチャロン」を作る

<<   作成日時 : 2015/02/04 06:43   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2月4日(水)雨のち曇り」最高気温17℃ 最低気温16℃ 北東の風

画像
着陸態勢に入る(ANA)


画像






画像
袖山入口交差点

昨日の散歩は県道78号線(平良城辺線)と県道190号線(平良新里線)
が交差する地点よりスタート。「マックスバリュ宮古西里店」が近い。

これまでの海岸線散歩を外れ、空港1周を試みる。

晴れれば、池間、伊良部の両橋を渡って
みたいのだが、予報を見る限り、この
1週間晴れマークなし。


画像
(有)「狩俣砕石」



画像
画像

「国土交通省大阪航空局宮古ARSR基地局」

ARSR→【管制用無線施設】航空路監視レーダーARSR(air route surveillance radarの略)

指向性の電波を利用して,滑走路に着陸進入する航空機の計器に進入コースおよび進入角を表示する装置。(コトバンク)


画像


空港内には航空安全のためにいろいろな施設がある。



画像
「旧空港前」

「旧空港前」!?

不思議に思って調べると、かっての宮古空港の玄関は
こちら側にあったようだ。

「花笠を模した外観が特徴で、現在のターミナルビルとは滑走路を挟んで
反対側の平良市街地側に位置していた。」(ウィキペディア)

納得。

画像
フェンスに沿って歩く


画像





画像


左折地点の斜め向かいに、
「メモリアルパーク」があった。

ちょっと寄り道。


画像



画像





画像
「南西航空」機が離陸態勢。


画像
まっすぐ行けば空港通り。
フェンスに沿って左折。
初めて知った道。


画像
芝生を整地か


画像


少しわかりにくいが、プロペラ機 『琉球エアーコミューター (RAC)』が
着陸態勢。

画像


空港の建物が見えてきた。

明日は空港内にある旧跡など訪ねてみよう。


家内メキシコ料理の「チチャロン」を作る

画像
1/16 豚の皮を天日干し

家内がメキシコで食べた「チチャロン」が気に入ったようで
ここでも作ることにした。


画像
1/17


画像
2/2

サラダ油で揚げる。現地ではラードを使うようだ。


画像


真ん中にあるのはワカモーレ(ワカモレ)。

アボカド、玉葱、ニンニク、トマトをレモン、
コリアンダー、塩、胡椒、オリーブオイル
に和えて作る。

ワカモーレをつけて食べる。
カリっとして美味かった。


(参考)家内の記事から


画像
 

「チチャロン
 豚の皮を2,3日天日干した後ラードで揚げたもの。
パリパリでとてもおいしかったです。
真ん中にあるアボガドと香辛料で作ったサルサの一種
ワカモーレをつけて食べるとよりおいしい。」




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
以前の宮古空港の入り口が今と違っていたとは気がつきませんでした。
また南西航空バージョンの機体は懐かしいです。

若かりし頃、南西航空で石垣や宮古に行くことを楽しみに貯金に励んだことを思い出します。

ところで豚の皮の料理チチャロンはとっても美味しそうですね^^
ワカモレはポテトチップやクラッカーで食べたことがありますが、豚の皮のカリカリとの方が合いそうですね。

でも豚の皮って宮古で手に入るのでしょうか?
メキシコからのお土産かな?
沖縄原
2015/02/04 20:43
沖縄原さん、おはようございます

花笠は聞いていましたが、場所はてっきり今の場所だと思っていました。
那覇空港に初めて降り立ったとき、南西航空なる航空会社があることを
知り、異国(?)に来た実感を持ちました。

若い頃、沖縄原さんたちは宮古や石垣、私は東北岩手を通って
いたようですね。懐かしい思い出です。

燻製作りのとき、豚の三枚肉の皮を「かねひで」でとってもらいました。
その皮を使いました。
kura
2015/02/05 07:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮古空港を1周する@ー昨日の散歩  家内メキシコ料理の「チチャロン」を作る 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる