宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しく改良した燻製器で食材を燻すーN島さんの挑戦

<<   作成日時 : 2015/03/16 09:12   >>

トラックバック 0 / コメント 2

3月16日(月)晴れ 最高気温25℃ 最低気温21℃ 南風のち南西の風

画像
新しい燻製器(前から)

上野のN島さんがこれまで使われていた燻製器に変えて
新しい燻製器を導入された。


画像
これまで使われていた燻製器

N島さんの話によると

「この燻製器は燻煙する食材(肉片など)の直下に
熱源(木片チップや電熱器)が置かれている。

しかし、このような仕組みの燻製器では
いぶしている間に肉片の汁が下の木片(サクラ)チップに
落ちていく事になる。

その結果、両者の香りが混じり合い、純粋な木の香りが
出てこない難点がある。」



画像
(横から)

そこで、熱源を肉片の下に置かず、少しずらして、間接的に燻せる
燻製器を考案された。

右の出張った空間に熱源、左に食材空間というわけだ。

何でも、テレビで見た番組がヒントになったらしい。

なお、ビニルは開いた空気孔を塞いでいる。


画像


上から眺める。

手前が食材を吊るしたり、置いたりする空間。
向こうが熱源の空間。


こうすることにより

@ 食材から純粋な木の香りを楽しめる。

A 煙の成分で食材がコーティングされるので
  日持ちがするのではないか。

B 油の成分が表面につかないから、
  ベタつかないのではないか。

等の利点が出てくるのではないかとN島さんは
考えている。


画像
早速肉片を吊るす



画像




画像
チーズを置く



画像
チーズの出来上がり

いい色合いに出来上がっている。


画像
真ん中と右上はソデイカ。

試食させていただいたが、中が柔らかく美味かった。
参加された方からも好評。



画像
まもなく肉片も出来上がり。




記事関連

肉、イカ、卵、手羽先を燻製にするー燻製窯2台を使って

http://1120kura.at.webry.info/201412/article_17.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うーん さすが凝り性のN島さん。
美味しさのへの追求はプロ顔負けですよねー^^
チーズやソデイカも美味しそう!!!

宮古滞在中の楽しみがどんどん増えていきます!
N島さんにも連絡をしなくちゃ、と思いました^^
沖縄原
2015/03/16 09:46
沖縄原さん、こんにちは

N島さんは勉強熱心の上、頭が柔軟ですね。
良いと思うことは素直に受け取り、自我を
むき出しにすることはありません。だから
他の方から信望が厚いですよ。

今夜からエビ採りに行かれる予定です。
当分、真夜中の格闘に頑張られるのでは
ないかなと思います。
kura
2015/03/16 12:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
新しく改良した燻製器で食材を燻すーN島さんの挑戦 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる