宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 強雨にたたられながらも楽しかったピザパーティ ー平良・カフェ「うぷんみ」

<<   作成日時 : 2015/11/15 21:41   >>

トラックバック 0 / コメント 2

11月15日(日)曇りのち雨 最高気温26℃最低気温23℃ 北東の風のち東風 
海上風速10m 

画像
カフェ「うぷんみ」のテラスから見た外の風景。
左端に見える小屋に立派なピザ窯がある。

昨夕、久しぶりに宮古に戻られた沖縄原さんご夫婦を迎えて
ピザパーティが行われた。

当初は、先に報告した「荷川取牧場」で開く予定であったが、
天候思わしくなく、雨が降りそうな気配があったため、
急遽、平良市のカフェ「うぷんみ」に変更となった。

※「うぷんみ」については本欄下記
『大麻(タイマ)を舐めるー宮古島 カフェ「うぷんみ」』
のタイトルで 今年の1月に発信しています。

よければ、ご覧下さい。


画像


切り分けられたピザを各自取っていく。

香ばしく外はパリッと中はしっとりと美味。


画像
ピザ

小麦粉2kg使ったということだから、相当数のピザが
作られたようだ。

画像
ピザ


画像


いろいろな料理の差し入れ。
Tさんの畑で栽培された三尺バナナの味が濃厚で美味。
何本かいただいた。

画像


そのうち、雨が降り始め、瞬く間に激しくなり、テラスの屋根を
バチバチと叩きつけるような雨音が続く。
ひどい雨だ。

「すごい雨だな」

「内地では台風というだろうな」

雨風がテラス内に入り込み、それを避けるべく
テーブルを下げたが、それほどの効果もない。


画像


やむを得ず「うぷんみ」の奥の部屋に移動、パーティの続きとなった。


画像
「19の春」を宮古口で歌う

室内で、参加者のパフォーマンス。

88歳の女性が「19の春」を宮古口で歌い、喝采を受けられた。
ご高齢にもかかわらず、その声量に感心した。

いきなり、私にも三線を手渡され、何かやれのご所望。
予期しなかった事ゆえ驚き、その場で調弦ができない
未熟さもさらけ出したが、なんとか「なりやままあやぐ」を
歌い、拍手を受けた。

みなさんの優しさに感謝である。

画像


闇の中で、火の舞が演じられた。
火に感謝する舞いなのだろうか。

ご本人の創作とのことであったが
似た舞いはニュージランドなどにも
あるとの事だった。


画像


食べきれない程のピザをいただき、十分堪能出来た夜だった。

会場をお貸しいただいたMさんを始め、
ピザ作りのために食材を準備していただいた方々、
当日焼いたり、運んだり、後片付けなどしていただいた方々、
その他、参加者のためにいろいろな心配りをしていただいた方々に
感謝します。

ありがとうございました。
そして、ご苦労様でした。

記事関連

大麻(タイマ)を舐めるー宮古島 カフェ「うぷんみ」

http://1120kura.at.webry.info/201501/article_7.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昨夜はお世話さまでした!

雨には祟られましたが、久しぶりにとっても楽しい一夜でした^^

ピザの量を小麦粉の量で1kgとか2kgとか言うのは初めて聞きましたが、かなりの量のピザでしたね。

ピザの種類も多く、また持ち寄りのお料理も豊富で、お腹いっぱい美味しくいただきました。

急なリクエストに嫌な顔も見せず演奏してくださったkuraさんやおばあにも感謝です^^

楽しい会話、演奏にダンスと本当に心もお腹も大満足のパーティーでした!
ありがとうございました!!!
沖縄原
2015/11/15 22:05
沖縄原さん、おはようございます

ピザパーティ、楽しまれたようでよかったです。

しかし、スコール的なすごい雨でしたね。荷川取なら大騒ぎというところでした。
ま、これもひとつの思い出になるのでしょうか。

十分すぎる程のピザを準備していただき、最後は「頑張って食べる」感じで
いました。(笑)

沖縄原さんのアドバイスを受けて、宴席に出るときは
調弦器を持って出ようと思います。(笑)




kura
2015/11/16 06:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
強雨にたたられながらも楽しかったピザパーティ ー平良・カフェ「うぷんみ」  宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる