宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 失敗は成功の元ー燻製作り 家内、カンボジアを旅する(5の@)ー「大プリア・カン」に到着するまで

<<   作成日時 : 2016/02/27 10:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2月27日(土)曇りのち雨 最高気温22℃ 最低気温17℃ 南東の風 海上風速11m

画像


一昨日は上野のNさん宅で、いつもの燻製づくりを楽しむ。

画像
落ちたサーモン

参加者の1人が試みにサーモンを
吊るしたところ、下に落ちてしまった。
柔らか過ぎたのだろう。

つまみ食いをさせていただいたが
燻製の味がして美味かった。

ま、失敗は成功の元というところか。
よい勉強になった。

画像


昼食をいただいた。

Nさんお手製のマヨネーズや採りたて無農薬栽培のブロッコリ、
インドカレーなどなど、実に上品な味で、美味かった。

Nさん、ありがとう。


画像


写真には撮らなかったが、全ての食材がいい色に仕上がった。

記事関連

〇新しい燻製器で食材を燻すー上野のNさん( 2015/12/20 発信)

http://1120kura.at.webry.info/201512/article_17.html

〇前の燻製器について

「新しく改良した燻製器で食材を燻すーN島さんの挑戦 」(2015/03/16 発信)

http://1120kura.at.webry.info/201503/article_8.html


クメール5大遺跡の一つ「大プリア・カン」に到着するまで

『  』内は家内の言葉です。

『しばらくは、舗装道路を走ります。
しかし、道路をたくさんの牛が列を成して歩いています。
誰もついていません、勝手に歩き回っているのです。
車をその横を徐行していくしかありません。

画像


やがて未舗装の道になりました。赤茶けた砂埃の中を進みます。
ここはまだましなほうです。だんだん土が削られて穴ぼこだらけの道を
ましなところを選んで、右に左に蛇行しながら進みます。

画像


途中の村の民家を借りて、トイレ休憩。

画像


画像


高床式のいえの奥に別棟でトイレがあります。
ひしゃくで水を汲んで流しますが水洗トイレです。
豚がお出迎え。

画像

隣の家とはクイが立ててあり境界線になっています。
この家は、階段のほか、スロープもつけてありました。

画像

雨水をためる甕。コンクリート製だそうです。
どの家にも同じ形の甕がありました。

画像
鶏も放し飼いです。

画像
大きな蜂の巣。


画像


再び、穴だらけの道を砂埃を上げって走ります。
出発から3時間、ようやく大プリア・カンに到着』

※次回、「大プリア・カン」の様子について、お伝えします。

(感想)

牛も豚も鶏も自由にのびのびと過ごしているようだ。

狭い牛小屋や豚小屋の牛豚たち、閉ざされた鶏舎で
過酷な一生を終えるブロイラーたちから見れば
彼らの生活は天国に見えるだろうか。

記事関連

家内、カンボジアを旅する(1)ー首都プノンペン

http://1120kura.at.webry.info/201602/article_11.html

家内、カンボジアを旅する(2)ー旧正月、国立博物館の見学など

http://1120kura.at.webry.info/201602/article_12.html

家内、カンボジアを旅する(3の@)ーコンポントムの露店など 

http://1120kura.at.webry.info/201602/article_14.html

家内、カンボジアを旅する(3のA)ーサンポール・プレイ・クック

http://1120kura.at.webry.info/201602/article_15.html

家内、カンボジアを旅する(4)ーコンポントムの市場探検

http://1120kura.at.webry.info/201602/article_16.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
失敗は成功の元ー燻製作り 家内、カンボジアを旅する(5の@)ー「大プリア・カン」に到着するまで 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる