宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 実に上品で優しい味だったー宮古の小料理屋「きょうわ」で食事をする ID:7bryjn

<<   作成日時 : 2016/07/17 15:03   >>

トラックバック 0 / コメント 6

7月17日(日)晴れ 最高気温32℃ 最低気温28℃ 南風 海上風速10m

画像


昨夜、愛知県の知人Oさんご夫妻と小料理屋「きょうわ」で夕食を
共にした。


画像
「きょうわ」入口


画像


「きょうわ」のご主人手作りの広い部屋に通された。

天井、掘りごたつ、木質の壁、障子などまさにプロ級の作り。
(残念ながら写真はないが、下記のHPにその一端が
掲載されている。)

そのうち、ご主人が挨拶に見えられた。

深々と頭を下げられたその中に、一期一会の意を含んだ
客をもてなす真摯な姿勢が感じられ、快かった。

ふと見ると、「オトーリ、ご遠慮下さい」の張り紙。

宮古の宴席での定番「オトーリ」を拒絶する姿勢。
すごいことだ。

ともすれば、騒がしく酒を回し飲みするだけで、
料理それ自体をよく味わわない宮古の酒習慣。

料理に入魂を傾ける職人として、許されざる
ものとして写ったのであろうか。

よく噛み、しっかりと味わいたいものだ。

画像
パパイヤを主としたきんぴら。

以下、出てきた順に紹介する。

「おしながき」がなかったので、下手な説明を加えない。

食材は宮古の物を使われているようだ。


画像



画像



画像
伊勢海老など


画像



画像
宮古牛


画像
天ぷら


画像


漬け丼風。
途中、出し汁を入れ、
お茶漬け感覚で、いただいた。

最後にデザート。 
マンゴーなどいただいた。

その夜、Oさんご夫婦と会話も弾み、「美味しい、美味しい」の連発を
重ねながら楽しい夜が過ぎていった。

私にはどれも味わい深く、上品で優しい味に感じられた。
いずれまた訪ねたいと思った。

最後に、こういう機会を与え、いろいろな便宜を図って
くださったOさんご夫妻に感謝したい。

ありがとうございました。

(参考)

きょうわHP

http://koryourikyouwa.kakurezato.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
きょうわは初めてでしたか!
予約がなかなか取れなくて、ついつい足が遠のいてしまいます。
昔はお昼もやっていて、とても人気です。
ウチは近いので、もっと行きたいのですが…。
kumama
2016/07/18 08:24
先日はご一緒いただき、ありがとうございました。

大将曰く、「脱皮する直前の伊勢海老が一番美味しい」と
おっしゃってましたが、めったに口にすることは出来ないので、
とてもラッキーでしたね!

覚えている限りのお品書きですが、Kuraさんの許可なく
書き込みしちゃいますね?(笑)

二の膳、左から、モーウィの浅漬、きんぴらの出し巻き、島らっきょうの梅肉紫蘇巻き、ナーベラ、とうがんのゴマ和え

三の膳 左から、一番左は忘れました。真ん中より、茄子の煮浸し、酢の物(もずく、イカ、きゅうり、車海老)

生わさびに、伊勢えび、刺身各種

碗は、沖縄高級三大魚の一つ、アカジンミーバイ、白髪ねぎ、島豆腐

刺しの入った正真正銘の宮古牛(トレーサビリティ付き)、海ぶどう、
たれは、柚子こしょう。

天ぷらは、島らっきょう、オオタニワタリ、海ぶどう(揚げ油は、毎日、変えていらっしゃいます)

ご飯は、マグロのづけ丼。この日の出汁は、伊勢海老で取ったと思われます。

最後に、マンゴーとコーヒー。「きょうわ」で使用している食材は、全て地産地消にこだわって
いるため、全てが宮古島産。

限られた食材を使って、ここまで繊細な料理を作られる大将の腕に、
いつも舌鼓を打っています。

こちらのお料理は、いつもどんな客に対しても、真摯な気持ちで
接客される大将と奥様のお気持ちが、毎回、表れていると思います。

もし、Kuraさんがお嫌でなければ(笑)、次回もまたお会いできる日を
夫婦共ども楽しみにしています。
Oの妻
2016/07/18 08:48
kumamaさん、おはようございます

噂には聞いていたのですが、今回、初めての訪問でした。

HPを見れば、もう既に7,8月はすべて満室、9月もほとんど満室の
ようで、お店の盛況ぶりがわかります。
相当、前から予約をしておかないと、確保できないようです。

今回訪ねてみて、その理由がよくわかりました。




kura
2016/07/18 09:38
Oの妻さん、おはようございます

先日は大変素晴らしいお店を紹介していただき、ありがとうございました。
また、その際、色々とお気遣いいただいたことにも感謝しています。

伊勢海老の脱皮する前の皮を初めて見たもので、興味深かったです。
ご主人の心遣いに感謝です。

しかし、すごいですね、料理の紹介。
さすがに「きょうわ」フアンとして、しっかり
覚えておられるのですね。

紹介名を拝見しながら、そうだったな〜と知識を新たに
しています。
勉強になりました。教えていただき、ありがとうございました。

ご主人は京都で修業しながら、宮古産の素材を巧みに使い、洗練された
料理に仕上げる創造力には脱帽です。
その間、いろいろご苦労があったと推察します。

次回、宮古に入られた時は是非ご一報下さい。
喜んで、ご一緒させていただきたいと思います。




kura
2016/07/18 10:22
うらやましい〜(=^o^=)/

何度でも言います!
うらやましい〜(⌒o⌒)/

本当に予約が取れないんですよね。
でも京都ご出身のkuraさんのお口に合って
良かったです!

いつか、奥さまが来られている時に予定が
合ったら是非ご一緒したいですね!
その時は、必ずお声をかけてくださいね。
沖縄原
2016/07/18 10:46
沖縄原さん、こんにちは

大人気のお店だったのですね。
宮古の人気店とは承知していたのですが、これほどとは
思ってもみませんでした。
これもOの妻さんご夫妻のお陰です。
貴重な体験をさせていただきました。

確かに、京都出身の私には懐かしい味の
ようにも感じました。

家内共々ご一緒できる機会があればいいですね。
ご連絡するようにいたします。

kura
2016/07/18 13:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
実に上品で優しい味だったー宮古の小料理屋「きょうわ」で食事をする ID:7bryjn 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる