宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 友利の勇壮な獅子舞を見るー「豊年祭」  秋の楽しみ2つ

<<   作成日時 : 2016/09/26 11:25   >>

トラックバック 0 / コメント 2

9月26日(月)曇りのち雨 最高気温29℃ 最低気温26℃ 北東の風のち東風 海上風速23m

画像
賞品の肥料を軽トラに積み込む

昨日は部落の「豊年祭」。

豊年祭に先立って行われた「共進会」では、
サトウキビ、肉用牛、カボチャ、ゴーヤ、
葉タバコ、緑肥の各部門で優秀な成績を
収めた農家が表彰された。


画像


「豊年祭」の開始。

特別に設えた獅子が友利の拝所の周囲を回り、厄を払う。

次に、日差しの強い中、「友利獅子舞保存会」による獅子舞が
勇壮に舞われた。

獅子役の人たちは、中で汗だくであったろう。



(参考)友利の獅子舞について

〇市指定無形民俗文化財(平成9(1997)年9月11日指定) 

〇概要  獅子の起源については不明だが、古老の話によれば、約250年の歴史があるという。

昔は疫病、火事、旱魃等がおこるとすべて悪霊の仕業であると思い、村人達は総出で三尺程の棒を持ち、獅子を先頭に道端の石垣や草木を叩ながら部落内の道を隈なく廻った、と伝えている。

1830年頃から災害の発生しやすい夏8月頃に魔除け、厄払い、無病息災、五穀豊穣の祭りとして 獅子舞を一年越しに行う様になり、現在に伝承されている。

友利の獅子舞は最初に法螺の合図で始まる。

鉦(4〜5人)、アラスグナ(煽役)2人によってマキャーブドス゜(巻円舞)を3番程度踊る。
次に獅子舞に移り、寝ている獅子お誘い出して煽る。
さらマキャーブドス゜を3番程度踊り、再び獅子舞いに移る。
最初に歌を1番だけ歌い踊り終了する。(宮古島市)

画像


続いて、広場で「友利クイチャー」の輪踊り。

女性軍が日差しを避けて、日陰に入ろうとするものだから
少々、輪が乱れた。面白い光景。


画像
引き踊り「友利クイチャー」

続いて集落に繰り出しての引き踊り。
獅子を先頭に、女性を中心にした縦列体制。

踊るうちに汗がにじみ出てくる。
暑い!

画像


部落の各辻で歌い舞う。

大通りに出て、さらに、縦列踊り、輪踊りと続いた。

台風17号の影響を心配したが、雨風の憂いもなく、
「豊年祭」が無事終了したのは良かった。

個人的にも、これまでの夜間練習の
成果が少し出たようで、良い気分のまま
終了した。

秋の楽しみ2つ

画像
ローゼル畑がもはやジャングル状態

ローゼルの収穫時期は11月から12月にかけてと聞く。
早く収穫したいものだ。

何を作ろうかな。


画像


ローゼル畑のお隣の畑地。
繁茂していた雑草を刈り取って
いただいた。

その後、耕運機も入り、耕していただけるようだ。

この畑で野菜を多種作るつもりでいる。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日はおつかれさまでしたー!!

クイチャー、揃っていてとても見応えがありましたよ!!素晴らしかったです!
kuu
2016/09/26 12:51
kuuさん、こんにちは

昨日はこどもたちと一緒に見ていただき、ありがとうございました。
夜の練習は人数があまり集まらなかったのですが、本番では、たくさん集まりました。
女性たちはクイチャーのベテラン、本番だけで大丈夫の気持ちがあったのでしょうね。

クイチャー踊り組を褒めていただきありがとう。
なかなか面白い踊りと再発見する部分もありました。
kura
2016/09/26 14:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
友利の勇壮な獅子舞を見るー「豊年祭」  秋の楽しみ2つ 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる