宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 来間島崖下を歩くー「来間ガー」、「タコ公園」

<<   作成日時 : 2017/01/12 06:29   >>

トラックバック 0 / コメント 2

1月12日(木)曇りのち雨 最高気温23℃ 最低気温19℃ 北東の風 

画像
赤星印→「来間ガー」

※ガー→井戸

画像
(町指定)天然記念物:「来間島断崖の植生」

昨日、家内と来間島(くりまじま)崖下を歩く。

始めに「来間ガー」。

前浜港に車を置き、出発。

高さ45mにもなる崖を上に見、
亜熱帯植物群が生い茂る道を進む。

画像
モンステラ

園芸店では高く売られているモンステラもここでは自生。
あちこちで見る。

(お詫び)kensukeさんのご指摘で、この植物はハブカズラです。
お詫びして訂正します。


画像
工事中

昭和50年宮古本島から来間島に海底送水されるまで、
村民たちは飲み水や生活用水を求め、村落とガーを
行き来した石段。

今は工事中で、上り下りを体験できなかったのは残念。

当時、この仕事は女性や子どもたち(高学年)の仕事であった。

私の知る範囲で言えば、宮古のガーの水汲みはどこも
女性、子どたちに任せられていたようだ。

きつく、危険な仕事であり、時には命を失うの話も聞いた。

ここでは「ブリキ缶を頭にのせ、あるいは天秤棒を肩にかつぎ、」(ネットより)
1日数回、いっぱいになった水瓶を運んだそうだ。


画像


向こうに「来間ガー」の石碑が見えてきた。


画像


画像画像画像
 
ガーは3つに分けられていた。

飲み水用、洗濯用など、役割分担が
されていたようだった。


画像
向こう「1番ガー」、手前「2番ガー」


画像


「3番ガー」を覗き込むと、小さな魚が群れていた。
その中で横になりながら、コケをつついている魚もいた。

画像
テナガエビ


画像
来間ガーから前浜ビーチ方面を見る

「タコ公園」を歩く

画像
「タコ公園」入口

(ネットよりお借りしました)

宮古本島から来間大橋を渡ってすぐ、左側に「タコ公園」入口がある。


画像


遊歩道の両側には鬱蒼とした亜熱帯植物群。
ちょっとしたジャングル気分。
切り立つ崖の最上部にソテツがたくさん見える。


画像


海に出る手前の、雑草生い茂る道をかき分けて進む。


画像

タコのモニュメントのある休憩所に到着。


画像


画像


来間大橋が見える。

※来間大橋→全長1690m。1995年開通。


画像


休憩所を下りて公園突き当たりの海に出る。

ここは魚も多く、泳げることもできると聞くが
見たところ、魚の影すら見れなかった。


画像
画像
オオハマボウ(別名ユウナ)

帰り道、オオハマボウに出会う。

この花は時が経るにつれて、色が変化する。

開花時は黄色(左)、散る前は赤っぽい色(右)になる。

久しぶりに昔の宮古の自然を触れながら、歩けたので
気持ちがよかった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、私も宮古島に移住して5年になる准高齢者です。
私も宮古島に来た時はポトスやモンステラが野生で見られるのが
驚きでした。
でも、よく調べてみるとほとんどモンステラと思っていたのは ハブカズラ
というものでした。
モンステラの葉っぱは真ん中に穴が開いてるので、区別できるようになり
ました。
まだ宮古島に来てからタコ公演に行ったことがないので今年は頑張って
行きたいと思います。
これからも宮古島の隠れた名所を教えてください!
kensuke
2017/01/12 20:26
kensukeさん、おはようございます

ご指摘の植物名はハブカズラですか。葉の切れ込んだ形を
見て、モンステラと思いました。

念のため、ハブカズラについて少し調べました。
よく似ていますね。植物名はなかなか難しいと
思い知りました。

見分け方についても、教えていただき、ありがとうございました。

タコ公園の入り口には、車を駐車するスペースがあり、
タコのモニュメントまでそう遠くないはずです。
10分から15分程度のはずです。
是非、お出かけください。
kura
2017/01/13 05:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
来間島崖下を歩くー「来間ガー」、「タコ公園」 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる