宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS いただいた山芋で「とろろご飯」を作る

<<   作成日時 : 2017/02/06 18:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2月6日(月)曇りのち晴れ 最高気温20℃  最低気温17℃ 北東の風 

画像



山芋をいただいた。
スーパーでは見かけない、貴重な芋である。

家内の勧めもあって、「山芋とろろご飯」を
作ることにした。


画像


根を切り取り、芋を切り分ける。

その後、芋を水で洗い流しながら、土を取り、
スチールたわしで、皮をこすり取る。

しかし、これが相当厄介。
家の古くなったヨレヨレたわしのためもあったのか
ゴシゴシやってもなかなか皮が取れない。

しかも芋のへこんだ部分にたわしが入らず、難渋する。

3つ目まではしぶとく頑張ったが、最後は、業を煮やし、
スチールたわしに代えて、皮むき器で剥く。(写真・左の芋)

芋の実の部分も削ることになり、少々、もったいない気が
したが。


画像


おろし金で芋をおろす。

途中、ヌルヌルで滑るため、新しい軍手をはめて、せっせと
おろす作業を続ける。

まぁ、山芋の粘りはすごいものだ。
芋を上に持ち上げると、とろろも一緒にどこまでもくっ付いてくる。

芋とろろのツララだね。

画像


皮がついた部分も一緒におろした。
見かけ、それほど美しくないが、ま、いいだろう。
見かけより実質。


画像


すり鉢に移し、卵とだし汁3滴程度落とす。
自家製ぬか漬けの胡瓜とキャベツを添える。

画像


混ぜ合わせていただく。

味が少し淡白な気がしたので、しょう油を2,3滴たらしたら、
好む味になった。

ネバネバなので、すり鉢からご飯茶碗に移すのに
少々手間取った。

漬物類は 程よく漬かっていて、さっぱりと上手かった。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いただいた山芋で「とろろご飯」を作る 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる