宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 収穫した葉ニンニクを使って土佐のぬたづくりを試みる 「みゃ〜くぬみそカツサンド」をいただく

<<   作成日時 : 2017/02/11 18:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2月11日(土)曇り 最高気温15℃ 最低気温12℃ 北風 海上風速15m
 
画像


今朝、畑から葉ニンニクを収穫してきた。

どう使うか。

サイトで調べると、高知特有の「葉ニンニクぬた」なる料理があるらしい。
ブリなどにつけて食べると旨いそうだ。
お酒に合いそう。
これに弱い。

今日はこれに挑戦してみよう。


画像


水で土を洗い流し、枯葉を取る。

その後、葉ニンニクを細かく刻む。

画像


その後がかなり大変だった。
すり鉢の中で葉ニンニクをすり潰し、ペースト状に
するのであるが、これがおいそれと、簡単には
行かない。

30分ぐらい、押したり、かき回したりしてすり潰そうとしたが、
ペーストにならず、後で入れるはずの米酢やレモン果汁も
入れて、やっと写真のようになった。

※サイト(下記)によれば、柚子果汁が必要との事だったが
宮古の大手スーパー2店の店員さんに尋ねても、置いて
いないとの事。急遽、レモン果汁を使うことにした。
この辺、荒っぽいか。

画像


ペースト葉ニンニクの上に、キビ糖(砂糖の代わり)、
合わせみそ(米、麦、豆)を投入。
更にかき混ぜる。

画像


ゴマ、だしの素を入れ、一応完成。
色がちょっといただけないが(味噌とキビ糖の色)、味見をすると
やや甘みもあり、酸味もあって、何とか行けそうだ。

(参考レシピ)

葉にんにくで作るおばあちゃんのぬた

https://cookpad.com/recipe/2070434


「みゃ〜くぬみそカツサンド」をいただく

画像
「みゃ〜くぬみそカツサンド」

先ほど、地元紙が、『宮古総合実業高校の生徒たちが考案した
「みゃ〜くぬみそカツサンド」が市内のファミリーマート全店で
販売中』と伝えていた。

なんでも、このカツサンド、「第5回ご当地!絶品うまいもん甲子園」
(全国125校390チームエントリー)全国大会で準優勝し、
水産庁長官賞を受賞しているとの事だ。

これはファミマに行かねばなるまい。

報道初日に、早速、出かけたが、既に完売との事だった。
「午後4時に追加が来ます」とは店員さんの話。


画像


昨日、手に入れた。
海苔の下にご飯や味噌、カツなどが挟んである。

食してみると、宮古味噌がやや苦手のためか、ちょっと味がきつめであったが
ボリューム感もあり、結構、美味しいものであった。

※『特徴は「みそ」。グルクンを混ぜ合わせた「特製宮古みそ」を使用し
、ニガウリやしめじ、タマネギを合わせてご飯でサンドした。
価格は税込み250円。』(地元紙)

宮古実業高校のイベントに参加したこともあり、
その実践や地域貢献に注目している。

頑張ってください。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
収穫した葉ニンニクを使って土佐のぬたづくりを試みる 「みゃ〜くぬみそカツサンド」をいただく 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる