宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 明日は「十六日祭」 魚「アオマチ」の皮を剥ぐ 強剪定したブーゲンビレアに花が咲きつつある

<<   作成日時 : 2017/02/12 12:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2月12日(日)曇り 最高気温17℃ 最低気温 13℃ 北風のち北東の風 海上風速11m

画像
部落近くのお店には注文されたオードブルやお餅が並んでいた。

明日は「旧十六日祭」((ジュウルクニチ)。
「グソー」(あの世)のお正月.。
いわば「神様」のお正月で、最大宗教行事の一つ。

血縁の人たちが一同に集まり、墓参りをし、
料理や酒を供え、帰ってこられたご先祖様を
もてなす風景が宮古のあちこちで見られる。

私もK社長から招かれているので、その時の様子は
2日酔いなく元気ならば(笑)明日報告をしたい。

魚「オオマチ」の皮を剥ぐ

画像


「アオマチ」と名付けられた魚をいただいた。
「皮を剥いで、食べると美味しいよ。」と聞き、早速、
取りかかろうとした。


画像


「待てよ」と一旦、心のブレーキ。

折角のいただき物、途中で切れたりなどの失敗を
やらかしてしまうと申し訳ない。

そこで、うまく最後まで、剥ぎ取る方法をネットで捜す。

下記のサイトによれば、

@最初に剥き始める所を爪などで剥す。
Aそこに包丁を入れる。
B@で剥した身の部分をふきんに包んで持つ。
C包丁は基本動かさず、ふきんを持った手を
剥したい反対方向に引っ張る

というものだった。


〇失敗しない皮の引き方

http://temaeitamae.jp/top/t4/c/5.html

画像


なるほど。
身の中に包丁を入れて剥すものという先入観が
あったが、こんな方法もあるのだと初めて知った。

最後は逸って少し失敗したが、初体験、不器用な私にしては
まぁまぁか。

次は大丈夫だろう。

画像


今日(2/13)、山葵醤油でいただいた。

淡いピンク色がかったきれいな刺身。

ほんのりと甘みもあって、歯ごたえもよく、ねっとり感もあって
とても美味しいものだった。



強剪定したブーゲンビレアに花が咲きつつある

画像
1/10

強剪定したブーゲンビレアが1か月ほどで、下の写真の
ように花が咲きだしている。
画像
2/12


画像
2/12

玄関先のブーゲンビレアも元気だ。
花ある風景はいいな。

(記事関連)

この頃の農作業ーブーゲンビレアの剪定

http://1120kura.at.webry.info/201701/article_7.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
明日は「十六日祭」 魚「アオマチ」の皮を剥ぐ 強剪定したブーゲンビレアに花が咲きつつある 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる