宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 1日を先祖とともに宴席を囲むのもいいねー「十六日祭」 収穫したブロッコリーを使って料理する

<<   作成日時 : 2017/02/13 12:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2月13日(月)曇りのち晴れ 最高気温18℃ 最低気温15℃ 北東の風

画像
青空

昨日は「十六日祭」(ジュールクニチー)。

宮古島には1年に3回正月がやってくる。
新暦の正月(元旦)、旧暦の正月(旧正月)、そして十六日祭。
の3回。

十六日祭はご先祖様(グソー→あの世)の正月で、
親族揃って墓に出かけ、ご馳走を供え、共に正月を
お祝いする行事。

十六祭とよく似た宗教行事「清明祭(シーミー)」が沖縄本島南部辺りで
盛んに行われているようであるが、宮古では聞いたことがない。

ともあれ、良い天気だ。
青空が広がり、暖かく、お墓参りには絶好の日よりだ。

今年もK社長に招かれ、ご近所のYさんご夫妻とNさん共々
お墓参りに参加させていただいた。


画像


墓の中央下に、白い漆喰で塗られた壁。死者と生者の境。

この日は、先祖様がこの壁をすり抜けて、親戚縁者の集まる
宴席に加わるのであろうか。

画像
並んだご馳走


画像


演歌がガンガン鳴る中、親戚縁者の方々が大勢、やってこられる。
今日はご先祖様と出会える楽しいお祭りなのだ。

「オトーリー」が始まる。
回し飲みのお酒をいただくにつれて、酔いも深まる。
昼間からお酒をいただくのは正月以来か。


画像
臨時蠅たたき

途中、ご馳走に蠅が寄ってくる。
臨時蠅たたきで追い払う。

画像


ご先祖様があの世に帰られても困らぬように
ウチカビ(あの世のお金)を焼いて、送り出す。


画像


その後、K社長の自宅に戻り、2次会。
沈没。
よく覚えていないので、報告はカットする。

最後に、身内でもないのに、毎年、お招きをいただいているK社長と
ご身内の方々に感謝したい。

また、酔っ払いを無事に届けていただいたKさんにも改めてお礼申し上げたい。

ありがとうございました


収穫したブロッコリーを使って「ブロッコリーとキュウリ、レタス、バナナのツナサラダ」を作る

画像
昨朝、ブロッコリーを収穫した。


画像
先日も収穫したが、畑をお借りしているkさんにささやかなお礼として
差し上げた。

画像
「ブロッコリーとキュウリ、レタス、バナナのツナサラダ」

画像


手順は下記の通り。

先ず、ビニル袋にブロッコリーを入れ、水、少量の塩を入れ、
振り洗いをし、水で流す。

このことで、ブロッコリーがきれいに洗えるとの事だ。

画像


次に、ブロッコリーの水分を切り、レンジに2分。
その間に、キュウリをこすり洗い、水で流した後、輪切り。

塩でこすり洗いをすると、色がきれいになるとの事だ。


画像


ボールに、シーチキン(ツナの代わり)、砂糖1(控え目)、酢大1
醤油大1/2マヨネーズ大2(控え目)を入れ混ぜる。
 
その後、キュウリ、ブロッコリーの順に入れ、全体を混ぜる。

画像


家に余っていたレタスやバナナを入れる。
家にある野菜が活用でき、嬉しい。

画像
完成

食してみると、ブロッコリーのやや固いのが気になったが
結構、うまかった。

料理は見かけも大切。
野菜の色をきれいに見せる方法も知り、
ためになった。

(参考レシピ)

簡単!ブロッコリーときゅうりのツナサラダ

https://cookpad.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1日を先祖とともに宴席を囲むのもいいねー「十六日祭」 収穫したブロッコリーを使って料理する 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる