宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 踊りも衣装も素晴らしいー「第30回 琉宮の舞」 今年は大漁−モズク採り

<<   作成日時 : 2017/03/28 15:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3月28日(火)晴れ 最高気温22℃ 最低気温16℃ 北東の風のち東風 海上風速10m

画像


一昨日、「第30回 琉宮の舞〜三十路華咲かさ〜」
(主催:琉球舞踊「穂花会」宮古舞踊「んまてぃだの会」)
に知人たちと一緒に行ってきた。

会場はマティダ市民劇場。


画像


「亀浜律子錬場開設30周年記念公演」と
銘打った会場は満席状態。


画像
※クリックすれば拡大します。


画像


所用があって楽屋入り。

廊下に、プログラムがホワイトボードに貼ってあった。
出演者にも、目下の流れがよくわかり、親切。


画像
「豊年のあやぐ」

家元の亀浜律子さんの「とうがにあやぐ」で演目がスタートする。
さすがに、祝いの席にふさわしい素晴らしい踊りであった。

その後、プログラムに従って、会が進行する。

写真の「豊年のあやぐ」には知人のTさんが出演。

練習期間中は、心理的にもかなり
厳しかったようであった。

しかし、仲間とお互い励ましあう中で
本番では納得できる踊りが出来たよう
であった。

終わった後、表情も晴れ晴れとしていた。


画像
「寿」

琉球舞踊「かぎやで風」の練習で、
お世話になったT先生出演の「寿」。

さすがに「教師」免状のお持ちの方々の
道中の踊りはもちろん、最後の締めも
素晴らしいものがあった。


画像


出演された人達の踊りは、随所に練習された
成果が現れ、素晴らしいものであった。

同時に、衣装にも、踊りに合わせた独特の工夫が見られ
眺めるだけでも、楽しいものであった。

写真に撮れたほんの一部を紹介しよう。


画像



画像



画像



画像
フィナーレ

一口に30年といっても、亀浜さんはじめ、同志の皆さんは
それぞれ厳しい道もあったであろうと推察する。

一つのことを長期にわたって持続できたものは何か。
考えるに値するテーマである。

ともあれ、今回の大成功、おめでとうございます。
そして、今回の舞台に関わった皆様、ご苦労様でした。

 
今年は大漁−モズク採り

画像


今日は午後から知人たちとモズク採り。


画像


昨年は不漁に泣いたが、今年はバッチリ。
見通しは明るい。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
踊りも衣装も素晴らしいー「第30回 琉宮の舞」 今年は大漁−モズク採り 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる