宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅芋を使ってかりんとうを作る トウモロコシに雄穂  母の作品

<<   作成日時 : 2017/04/03 17:37   >>

トラックバック 0 / コメント 2

4月3日(月)晴れ 最高気温22℃ 最低気温16℃ 北東の風 

画像


紅芋をいただいた。

これを使って、「かりんとう」を
作り、おやつにすることにした。

なお、参考レシピの素材はサツマイモで
あったが、紅芋で代用できると考え、
早速、作業に入った。

画像


スチールたわしなどを使って土や汚れを落とす。

次に細かく切る作業。

芋が固く、包丁の刃の背中を金づちで
叩いて切ることもあった。

画像


油で揚げる。

じっくり揚げるつもりであったが、慎重になりすぎて、
一部、焦がしてしまった。


画像
シナモンを振って出来上がり

別鍋に、水(大4).砂糖100gを入れ、加熱。
とろみがつくまでかき混ぜる。

これに、揚げ紅芋を入れ、絡ませる。

出来上がった「かりんとう」に
シナモンをふりかけ、完成。

食してみると、芋の中まで熱が通り、
柔らかく、甘い。

シナモンの香りも効いて、よいおやつが
出来た。

参考レシピ

「カリカリ、ホクホク さつま芋のかりんとう」

https://cookpad.com/recipe/4202143

トウモロコシに雄穂が出る

画像


トウモロコシが元気だ。

強風で倒れることがあるので、昨日、
2回目の土入れを行い、株元を固める。

今朝、追肥。

画像


かなりの数のトウモロコシに、
雄穂が出てきている。

あと1週間もすれば、雌穂が
出てくるのであろうか。

今後が楽しみ。

母の作品

画像


母が作品を送ってきた。

色紙の大きさが元気な頃に比べて4分の1だ。

脳梗塞を患い、加齢もあって(現在満92歳)
文字も絵も退化したが、これも自然の流れ。

寂しく仕思うが、これも仕方がない。


画像
80代の元気な頃の作品

現在、宮古島に、元気であった頃の作品5点、
掲示させていただいている。

大神島の集落センター2点、宮古島市社会福祉協議会城辺支所1点、
宮古婦人連合会事務所1点、砂川(うるか)の会社社長宅
1点。

画像
80代の元気な頃の作品

お陰様で、今も元気に過ごしている。

5月に京都に戻る予定をしているので
親孝行の真似事でもしたいなと考えている。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
かりんとう!カリッと美味しそうです。
私も何回か挑戦しました。べちゃっとなったりしましたが、失敗しても美味しい(笑)
めんどうでなかなか…。すばらしい!
92歳で脳梗塞後もなお絵をかかれておられる元気なお母様。すばらしい!
そしてうらやましい。60代の父母を亡くした私。ダンナを大切にしましょう。
kumama
2017/04/04 08:10
kumamaさん、おはようございます

最近は自分の中に甘みを嗜好する現象も出てきて、その変化が
面白いなと思っています。

作品の巧拙はとにかく、あの年で、描画に集中する力は
同じ身内でありながら、大したものだと思っています。

年を重ねるにつれて、頭脳も身体も衰弱していきますが
生きる支えがあれば、何とか頑張って生き抜くことが
出来ると母親から学ばせてもらっています。

若くして亡くなられたご両親に代わって
その分、ご主人を大事になさって上げて
くださいね。犬君ももちろん然りです。
(いうまでもなく、今もとても大事に
 されていますが)
kura
2017/04/04 09:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
紅芋を使ってかりんとうを作る トウモロコシに雄穂  母の作品 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる