宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 皆さんの堂々とした唄いっぷりに感心したー「第3回とうがにあやぐ大会」

<<   作成日時 : 2017/05/02 08:21   >>

トラックバック 0 / コメント 2

5月2日(火)曇りのち雨 最高気温25℃ 最低気温21℃ 東風 海上風速10m

画像
本選の様子

一昨日、晴天の下、「第3回とうがにあやぐ大会」
(沖縄宮古民謡協会、宮古民謡協会、宮古民謡保存協会主催)が
カママ嶺公園多目的広場で開催された。

「とうがにあやぐ」は宮古民謡を代表する
曲の一つ。

祝いの席や芸能イベントの
最初に歌われたりする名曲。


画像
本選出場者名簿

※見にくいのはご容赦ください。

※クリックすれば拡大します。

予選は午前10時半開始。
29名の参加。

予選を突破した唄者は20名。
午後5時より、本選が開始された。


画像
舞台

以前は緩やかな丘を背に舞台が設営されていたが
今回はその反対側となった。

写真はその緩やかな丘から舞台方面を撮ったもの。

皆さん、あちらこちらに座って、唄者の声に聞き入っている。


画像
審査員とテレビ局などの皆さん

昨日、テレビ放映があったそうだ。


画像
目がご不自由な方

審査委員長がこの曲の大事なポイントの一つとして
述べていたように、皆さん、堂々と落ち着いて
パーフォーマンスを演じられたように見えた。

その中で、人の手を借りながら、入場する唄者もいた。
目がご不自由のようだ。

ここに至るまでいろいろとご苦労があったと推察するが
そのハンデをものともせず、堂々と、演じられていた。


画像


中学生の彼は変声期であったようで、十分な発声が出来ない
場面もあったが、最後まで、しっかりと唄っていた。


画像


20名のパーフォーマンスが終了。

審査結果を待つ間に
宮古の芸能2グループが出演。

日ごろの練習成果が表れ、聴く者の
心を和ませた。


画像




画像
優勝した仲間まひるさん

他に入賞された皆さんは次の通り。

2位 前泊真季さん
3位 亀川貴敏さん
三協会長賞 村田かおりさん
審査員特別賞 平良安江さん

〇感想

この唄は大変難しい。

息継ぎや間の取り方、調弦、三線の音と声の一致など、
いろいろと勉強になった。

なお、「とうがにあやぐ」をご存知ない
人のために、下記のサイトに動画や
由来を掲載している。

よろしければ、ご覧ください。


記事関連

特に中高生の三線演奏がすごいなー「第1回とうがにあやぐ大会」 

 http://1120kura.at.webry.info/201504/article_12.html 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
平良さんは、私と同じ時期に、新人賞、優秀賞、最高賞も私と同じときにとられた方だと思います。大変落ち着いた良い声をお持ちの方です。
すっかり忘れていました。残念!本当にレベルの高い大会ですよね。
kumama
2017/05/02 18:05
kumamaさん、おはようございます

私には皆さん、とても落ち着いて歌われていた
印象を持ちましたが、民謡に厳しい方々の耳には
いろいろ課題があったようです。
レベルの高さをさらに要求されていました。

ま、私には難しい「とうがにあやぐ」を
大会で披露されるだけでも大したものだと
思っています。
kura
2017/05/03 07:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
皆さんの堂々とした唄いっぷりに感心したー「第3回とうがにあやぐ大会」 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる