宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都便り@ー家内の最新の作品、山椒の実取り、「小倉山荘」の山椒あられ」

<<   作成日時 : 2017/05/26 22:10   >>

トラックバック 0 / コメント 4

5月26日(金)曇りのち晴れ 最高気温28℃ 最低気温18℃ ←京都

画像
朝食

京都入り2日目。

5月26日。

いつもの家内の朝食をいただいた後、


画像


今朝の朝日新聞の広告特集に宮古島のことが掲載されているのを見た。


画像


家内の最新の作品を見る。

ランプ。


画像
ウズベキスタンでの柱の木彫作品。

家内はこれらの作品を参考に、自分の作品に創意工夫を加えながら
活かそうとしているようだ。

優れた作品に触れることが家内の旅の目的のひとつになっている。


画像
完成作品



画像
頂部の蓋を取るとこんな感じ。



画像
画像
今夜撮影


画像


その後、家内と自宅庭の山椒取り。
丈高く、枝葉が繁茂している。

ブーゲンビレア、ドラゴンフルーツほどではないが
棘の多少の痛みに耐えつつ、がんばって収穫。


画像


山椒の強い香りが好きだ。
宮古では滅多に経験できない。


画像
大収穫



画像
みょうが

昔、2株程度、植えたみょうがが知らないうちに随分、たくさんん増えていた。


画像


たけのこの芽が出始めていた。
これが家内を悩ますことのひとつ。

放置しておけば、自宅庭はたけのこ畑になるかも(?)。
せっせと摘み取らなければならない。


画像
ざくろの花

家内と母親慰問のために、妹夫婦宅を訪ねる。
玄関にざくろの花。

お蔭様で、皆、元気に過ごしているを知り、安心した。



画像


回転寿司屋で、昼食をとり、「小倉山荘」に赴く。

今通っている民謡研究所での雑談の折り、小倉山荘の「山椒あられ」の
ことが話題に上った。

練習生が旅から帰ってきた時、土産を差し入れするのが通例と
見受けられたので、今回、「「山椒あられ」を土産とする。


画像
入り口

「小倉山荘」は自宅から10分もあれば、行けるだろうか。
よく愛用して来たお店。


画像
売店などの入り口


画像
新しく、別棟も増設、ますます発展中とお見受けした。


画像
































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
奥様の作品は、本当にすばらしい。さらなる高みを目指されるのでしょうか。
さんしょ!あの甘く鮮烈な香り!
ああ、うらやましい。
kumama
2017/05/27 22:54
kumamaさん、おはようございます。京都からです。

家内の作品を誉めていただき、ありがとうございます。
さらなる高みを目指すほどの高い意識はないようですが
今、目の前にある問題解決に努力しているようです。

山椒は宮古で見かけませんね。あるのかな。
昨日、家内はさっと茹でて冷凍していました。
1年は持つようです。

以前、採った山椒を使って「蕗と山椒の佃煮」を作りました。
なかなかいいお味でした。








kura
2017/05/28 06:13
奥さまの新作は本当に素晴らしいですね!
今回の旅行で、作陶への刺激を大いに受けられた様子が素人の私にもよく分かりました。

以前に奥さまの手作りのちりめん山椒をご馳走になりましたが、ご自宅で沢山採れるのですね!

奥さまの美味しい家庭料理や京都のお料理、沢山召し上がり太って帰ってこられるのを宮古でお待ちしております!
沖縄原
2017/05/31 13:06
沖縄原さん、こんにちは。宮古からです。

先程、京都から宮古の自宅に戻りました。
近いうちに、ご連絡、差し上げますね。

丈が短かった山椒も、椅子の上に立って
収穫せざるを得ないほど、生長していました。

山椒の実と「蕗(妹からの貰い物)と山椒の佃煮」を
宮古に持ち帰ってきました。

太って帰ってはいませんが、家内と1泊2日の
兵庫県出石(いずし)方面の旅行で、たらふく
食べて来ました。
旅に出ると、不思議とたくさんいただける
ようですね。



kura
2017/05/31 13:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都便り@ー家内の最新の作品、山椒の実取り、「小倉山荘」の山椒あられ」 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる