宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 家内、イランを旅するBーカンガヴァール遺跡、ハマダーン この頃の栽培植物の事など@ 

<<   作成日時 : 2017/05/09 10:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5月9日(火)曇りのち雨 最高気温29℃ 最低気温24℃ 南西の風のち北西の風 海上風速12m

画像


「  」内は家内の言葉です。

さらに東に向かいます。

画像


岩山だらけの景色から、麓に麦畑が広がり、
その上の斜面には羊が放牧されている
風景が見え出しました。

画像


杏の花も見えます。

カンガヴァール遺跡 

紀元前3世紀頃、アルケサス朝パルティア王国時代に築かれた
水と美の女神アヒナータの神殿遺跡です。

画像


4・6haの敷地に210m×200mの3層の
階段状の神殿だったそうです。

画像
画像
  

大きな太い柱や石組みが転がり原型は
ほとんどありません。

当時の階段がありました。

画像


この石壁も当時のもの
 
アレキサンダー大王、イスラム侵攻、モンゴル軍の来襲により
3回破壊された場所だそうです。


画像

 
神殿跡からカンガヴァールの町を遠望

カンガヴァール市内の小さな食堂での昼食

画像


席に着くとさっと冷蔵庫から取り出したパック入りの
野菜サラダ、ヨーグルトが並べられます。

ナンは、クレープみたいにごく薄く
焼かれたものです。


画像
画像
  
ホレシュテ・ゴルメザブジィ
 
ホレシュテはシチュー、ゴルメは緑のザブジィは野菜のこと。
羊肉、豆、緑の野菜をたっぷり使った煮込み料理です。

色は黒っぽくてぎょっとしますが、ご飯にかけて
食べるととってもおいしい。
ご飯は、細長いタイプで、サフランライスが
かかって出てきます。
さらさらしていますが、甘くておいしいです。

昼食後は、ハマダーンにむけて山を超えて行きます。

画像


天気は曇り、すっきりしません。

画像


下り車線で、大きなトラックが荷崩れを起こしていました。
それにしても随分積み込んだものです。
カーブでスピードを出しすぎたのでしょう。

画像

後ろの車も立ち往生していました。

3時ごろハマダーン到着

ハマダーン 

イラン最古の都市であり、かつてのメディア王国の首都エクバナタです。

イラン中西部に位置し、アルヴァンド山(3572m)の麓にあり
平均標高は1850mです。

画像


町の後ろにそびえる山々は、雪をかぶっていました。

観光は2箇所だけ。昔の遺構が残るエクバナタの丘には
行けませんでした。

マスジェデ・ジャーメ 

金曜日のモスクという名前です。

休日の金曜日に多くの信者が礼
拝に来る町のメインモスク。


画像


夏涼しく、冬暖かく過ごせるように地面を
掘り下げて作られているので
扉の奥は階段になって下がって行きます。 

画像
画像


内部のレンガ造りがきれいです。

よく見ると端っこの蛍光灯は、
輪をぶら下げただけ、
面白かったです。

ライオン像
 
諸説あるようですが、約2000年以上前、
アレクサンダー大王の忠臣がこの地で亡くなり、
埋葬した墓に造られたといわれています。

画像
画像




原形をとどめておらず、どう見てもライオンには見えません。
イランの国の文化財です。

4時半ごろホテル到着。長い1日でした。
 
ホテル前でタバコを吸っていると、
若い女の子が日本人が珍しいのか
写真を撮らせてほしいと言ってきました。

画像


代わりに私も撮ってあげました。
とっても美人さんです。
私の写真なんかどうするのかなあ。

夕食は、写真を撮っていません。
野菜と麦のスープ、チキン・シュニツェル(カツレツ)、
サラダ、クルミのカップケーキでした。

記事関連

家内、イランを旅する@

http://1120kura.at.webry.info/201705/article_3.html

家内、イランを旅するAーターク・イ・ブスタン、ビストゥーン遺跡

http://1120kura.at.webry.info/201705/article_4.html


この頃の栽培植物の事など@ 

画像
スイカ

少しずつ、大きくなって来ているようだ。


画像
プリンスメロン

種から育てたものだが、これから、いろいろな作業を
行うことになる。


画像
アキノワスレグサ


エダマメ飯を作る

画像
画像


収穫したエダマメを使って、飯を作る。
塩が少し足りない気がした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
家内、イランを旅するBーカンガヴァール遺跡、ハマダーン この頃の栽培植物の事など@  宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる