宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS この頃の事ーネットハウスの穴あき修理、さすがネパールの少年、碁会所の庭を歩く

<<   作成日時 : 2017/07/08 11:15   >>

トラックバック 0 / コメント 2

7月8日(土)晴れ 最高気温32℃ 最低気温26℃ 南風 海上風速7m

画像
ハウスを横から見る

ネットハウスに所々、穴が開いている。

原因はわからない。

鳥がよくやってきて、ネットに止まっている光景をよく目に
していたから、彼らの仕業かなと思うが、確かな証拠はない。

いずれにしろ、修理の必要を感じていた。

画像
修理用の糸を取り出す

家内がネットの糸を1本、1本、取り出していた。

ネットハウスを作る時に、余ったネットの端切れを使って。

これならば、元の色と同色なので目立たないと考えた
ようだ。

取り出された糸はよく見えない極細のものだった。

画像
画像


試みに、2箇所、修理した。
うまくいったようだ。


画像


こちら側は数えて見れば14箇所、穴が空いていた。
一つひとつとはいかない。

長方形状にネットを切り取り、修理箇所に、まち針で貼り付ける。

私もお手伝い。

並縫いでいけるかなと思ったが、無理。

ひと針づつすくって縫うような作業になり、結構手間。

まぁ、なんとか2人で縫い付けることができた。


さすがネパールの少年


画像


13日(木)はネパールの少年と”にほんご”の勉強。

1時間勉強したあと休憩。

その時間にネパールの事を尋ねてみた。

すると、彼は、ホワイトボードにサッと地図を書いてくれた。
あとで地図で見比べてみたが、ほぼ正確。
すごい!。

彼が生活していた所は、釈迦の生誕地(ルンビニ)の近くのようだった。

首都のカトマンズまでヘリで15分だが、バスならば
10時間かかると言っていた。

途中、運転手が食事をする時間やトイレ時間があり
数回、休憩を取るようだ。

ところで、難関の”にほんご”。
今回も難語(?)に苦しんだ。

特に「もよう」(模様)の説明。
日本語で、言い換えてもますますわからない。
泥沼。

自宅にある、鉢や衣類を持ち出し、最後は英語の
Design(デザイン)を発し、なんとか一件落着。

落着したのだろうか。多分正確ではないと思うがね。

碁会所の庭を歩く


画像


14日(金)は碁会所。

碁会所の庭を歩いてみた。

今、盛んにアリアケカズラ(別名アラマンダ)が咲いている。


画像
サンタンカ


画像
グァバだろうか(?)


画像
セミのぬけがら



画像
レンブ/デンブ(ローズアップル)

席主が青いレンブをくれた。
どのようにして食べるのか聞き漏らした。
対局途中だったので。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
針仕事なんて、しばらくやったことがありません(笑)

犯人だろう鳥も、ネットを破って、ご馳走にあやかりたくて
必死なんでしょうね。

ローズアップルは、東南アジアで食されますが、まさか
宮古でも収穫できるとは驚きました。

一般的には、縦に4分の1に切って、そのまま皮ごと
食べます。
甘味と水分が少ないので、塩をかけて食べる人もいるようです。

名前のとおり、リンゴを食べる感覚と同じですが、日本の
リンゴとは味が違います。



ひーちゃん
2017/07/09 08:48
ひーちゃん、おはようございます。

私は商売柄、裁縫もしました。練習布で、並縫い、本返し縫い、玉止めなどを
練習させ、最後に刺繍やエプロンなどを完成させた記憶があります。
しかし、この時間は憂鬱な時間でしたね。(笑)
この前は、針に糸を通すことに少々手こずりました。

ローズアップルは冷蔵庫においたままです。
なるほど、要領はりんごを食べるときとそんなに
変わらないのですね。やってみます。
教えて頂き、ありがとうございました。



kura
2017/07/09 09:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
この頃の事ーネットハウスの穴あき修理、さすがネパールの少年、碁会所の庭を歩く 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる