宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS みかんクッキーを作る、家内、ベトナムを旅するHーひとり散歩、ホイアンへ

<<   作成日時 : 2017/12/16 09:07   >>

トラックバック 0 / コメント 2

12月16日(土)曇りのち雨 最高気温23℃ 最低気温20℃ 北東の風のち北風 海上風速18m

画像
500円プレゼントのみかんクッキー

今夜は踊りの師匠Tさんグループの忘年会。

その折、「500円プレゼント」を用意するとのこと。

はてと悩んだが、丁度、熊本の友人からみかんを送ってきたので
これを使って、クッキーを作ることにした。

画像
準備物

みかんの皮のみじん切り、みかんの果汁、オリーブオイル、
黒砂糖、薄力粉

画像
画像


先ず、最初に、みかんの果汁、オリーブオイル、黒砂糖を
ボールに入れ、かき混ぜる。

次に、みかんの皮と薄力粉を投入し、ヘラで切るように混ぜる。(左)

それを手で丸めて形作り。(不揃いはご愛嬌と開き直っておこう)
レンジの回転台にクッキングシートを敷き、並べる。(右)

画像
焼き上がり

オーブン、180°で予熱。その後13分程度,焼く。

画像


100均で買い求めた袋に、レシピと「一筆」を添えて、クッキーを入れる。

喜んでくだされば良いのだが。

(なお、これだけでは「プレゼント」になるかどうか不安に
なったので、もう一品(食べ物ではない)加えておいた。)


(参考レシピ)

冬おやつ♪材料4つの超簡単みかんクッキー

https://cookpad.com/recipe/3022813


家内、ベトナムを旅するHーひとり散歩、ホイアンへ

画像
ホイアンの地図

ウィキペディア様からお借りしました。

「   」内は家内の言葉です。

7日目

12月1日

今日の出発は、8時半。
余裕があるので、フエの街を朝のひとり散歩。
ホテル横の公園沿いは今日は閑散としていました。

昨日見たときはもっと朝早くだったので雨にもかかわらず
テントを張った朝食やさんが並んでいました。 

画像

お客さんでにぎわっていました。

画像

麺類だとお鍋ひとつで商売ができそうです。

今日は、昨日より遅い時間だったので
もう朝食の時間は過ぎていたようです。

画像
画像
   
手軽に食べられるバイン・ミー(サンドイッチ)のお店やさんだけでした。

画像

仕事が終わって一休みというところでしょうか?
ハンモックで寝ている人がいました。

よく見ると後ろに空気入れや道具箱が見えるので
パンク修理やさんかもしれません。

橋を渡って旧市街のほうへ行ってみることにしました。

画像

この交差点は信号があるので何とか渡れます。

画像

フォーン川にかかるチュオンティエン橋

画像

私が渡ったのはフースアン橋。

右の歩道が人が少ないのでこちらを歩いていきました。
橋の点検をしている人たちの横を抜けるとき、
日本語の会話が聞こえてきました。
尋ねると、日本から仕事に来ているのだそうです。

画像

反対側には、新市街に向けて果物売りの女性が通っていました。
天秤棒のしなりを見るとかなりの重さのようです。

この後が大変。

一車線閉鎖して工事をしているのは分かっていましたが
当然仮歩道があるつもりで進んでいました。

近くまで行くとどこにも抜け道がありません。
歩道までふさがれているのです。

究極の選択を迫られます。
一車線に集中する車とバイクの横を塀にへばりついて
車道を行くか、3車線横断して反対側の歩道まで行くか。

画像

しばらく悩みましたが、意を決して横断しました。
バイクの前は怖いので、ゆっくりの車を見つけて前を渡りました。
渡った直後の様子です。

あ〜あ怖かった。

画像

一昨日観光した王宮の入り口です。
フラッグタワーが見えます。

画像

さっき渡ったフースアン橋。
向こうに見えるのがホテルのある新市街。
公園で一休み。

画像

トックリキワタに似た花を見ました。

新市街まで戻ってくると

画像

果物売りの女性をたくさん見かけました。

画像

ベトナムの女性は働き者です。

今日は、バスでホイアンに向かいます。

画像

車窓からも海が見えるようになってきました。

画像

反対側は、入り江になっていて、養殖いかだが並んでいます。

画像

一大リゾートタウンのダナンの街を抜けて
ひたすらホイアンへ。

ホイアンの街中に入る前に、日本人の墓を見学
田んぼの真ん中にポツンとあります。

画像
画像









画像

「谷弥次郎兵衛」は、江戸幕府の鎖国政策により帰国を
余儀なくされたが、ホイアンに残した恋人に会うために戻り、
1647年にこの地で亡くなった、とされています。

画像

この墓は故郷の日本の方角に向けて建てられている
といわれているそうです。

12時ごろホイアン到着。

画像

旧市街のレストランで昼食

ホイアンの3大名物料理を食べます。

画像

ホワイト・ローズ                       
米粉で作った皮に海老のすり身を
つめて蒸したものです。

画像

カオ・ラウ
日本の伊勢うどんがルーツで日本人が伝えたとも言われる米麺。

太い麺ですが伊勢うどんほどふにゃふにゃせず腰があります。
この店のは、濃い目のスープが下に少しあって
絡めて食べるものでした。

画像
画像

揚げワンタン  パリパリです。           デザートはココナツ入り小豆ぜんざい

食事の後は、ホイアンの南西約40kmのところにあるミーソン遺跡の観光です。


(感想)

○天秤棒を担ぐ女性の姿は絵になるね。路上の果物売りの女性も
よい題材になりそうだ。

○「谷弥次郎兵衛」の恋は宮古民謡の
ストーリになりそうな話。

(関連記事)

家内、ベトナムを旅する@ーハノイ(タンロン遺跡、36通りなど)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_2.html

家内、ベトナムを旅するAーニンビン(その1)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_3.html

家内、ベトナムを旅するBーニンビン(その2)ー古都ホアルー、ミニスーパー

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_4.html

家内、ベトナムを旅するCーハロン市(世界遺産ハロン湾、一泊2日のクルージングーその1)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_5.html

家内、ベトナムを旅するDー世界遺産ハロン湾、一泊2日のクルージング(その2)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_6.html

家内、ベトナムを旅するEー陶器の村バッチャン村

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_7.html

家内、ベトナムを旅するFーフエ(トゥドゥック帝廟、宮廷料理など)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_8.html
 
家内、ベトナムを旅するGーベトナム戦争激戦地跡、フォンニャ・ケバン国立公園
↓ 
http://1120kura.at.webry.info/201712/article_9.html

 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
みかんクッキーとは珍しく、また材料も健康的で美味しそうですね!
プレゼント交換で当たった方はラッキー!羨ましいです^^

奥さまのベトナム紀行も楽しく拝読させていただいております。
特に来年春に行くホイアンやミーソン遺跡は興味深いです^^
参考にさせていただきますね!
沖縄原
2017/12/16 18:24
沖縄原さん、こんばんは
只今、自宅に戻りました。23時55分。少々、酩酊しています。

私がプレゼントした方は、その方面では一流の方だったようで
参りました。決して怪しいものではないとくどく、説明をしておきました。(笑)

家内の旅行記、読んでいただいているようで、ありがとうございます。
私も編集しながら、いろいろ勉強にもなっています。

家内も21日には宮古に行かねばということで、目下、
まなじりを決し、原稿作成に力を注いでいます。
よければ、これからも読んでやって下さい。



kura
2017/12/17 00:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
みかんクッキーを作る、家内、ベトナムを旅するHーひとり散歩、ホイアンへ 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる