宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 家内、ベトナムを旅するJーホイアン(市場、来遠橋→日本橋など)

<<   作成日時 : 2017/12/18 07:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

12月18日(月)雨のち曇り 最高気温19℃ 最低気温17℃ 北東の風

8日目

12月2日

今日の出発もゆっくりなので、7時過ぎに
アンホイ島にあるホテルを出て街散歩。

明け方激しく雨が降っていましたが
今は小休止。
夕べは人でごった返した通りは、
人もまばらで静かです。

画像

夕べ、トゥボン川に繰り出していた小船が
岸に係留されています。

船頭さんがたまった雨水をくみ出していました。

画像

昨日も渡ったアンホイ橋。

対岸の旧市街に向かいました。

画像

昨日は通らなかった川沿いのバクダン通りを歩きます。

画像

ランタンとともに植えられている植物がきれいです。
これは、ベンガルヤハズカズラ

画像

ブーゲンビリアも古い町並みに似合います。

画像

対岸は、カムナム島。
アンホイ島とともにトゥボン川の中洲のようです。

ホイアン市場
画像

さらに進むと市場の賑わいが見えてきました。
ホイアン市場です。

画像
 
生鮮の市場は、料理に出てきた素材の姿
が分かるので面白いです。
手前にレモングラスが並んでいます。

画像

右奥袋に入っているのは、ハスの実です。

画像

市場で働く人は圧倒的に女性です。
店番をしながら野菜の掃除をしています。

男性は、朝食中のようです。

画像

きのこのフクロ茸、マコモ茸の茹でたもの?、
右はお豆腐です。
手前には、カット野菜もあります。

画像

朝食やさんもあります。まだまだ先は続きそうなのですが、
帰りの時間も心配なのでここで引き返します。

画像

屋台のパン屋さん。

雨にぬれないよう
大きなかさでカバーしています。

画像

トウガラシも赤、黄色、緑と様々です。

画像

なすだけを売る女性。

大きなたらいの中には炭が起こしてあり
焼きナスにして売っていました。

画像

湯で麺やさん。

今まで食べてきた麺がそろってます。
フォー、ブン、手前はカオ・ラウの麺。

画像

干す前のライスペーパー。
昨日食べた蒸し春巻きの材料です。

画像

建物の中は、肉売り場。

画像

今まで見た国では、肉はほとんど男性が
扱ってたと思うのですが、
カンボジアもここベトナムも
女性が働いてます。

画像
画像
 
帰りはひとつ中のグェンダイホック通りを歩きました。

画像

夕べはあまり灯ってなかったのですが、
ランタンがずらり並んでいます。

画像

赤いランタンとアラマンダの緑と黄色が素敵です。

画像
画像
 
こんなにランタンがあったんだあ、
明かりの灯らないランタンも良いなあ。

来遠橋(らいおんばし、日本橋)

画像

夕べ見たライトアップされた橋もきれいでしたが、
雨にぬれた朝のしっとりとした風景の中で見ると静かでいいです。

8時半から皆でホイアンの町を徒歩でめぐります。

ホイアンは、トゥボン川が南シナ海に流れ出る三角州に形成された沿岸都市です。
チャンパ王国の時代には、中国やインド、アラブを結ぶ中継都市として栄えました。
その後、、15〜19世紀にかけてはアジアとヨーロッパの交易の中心地として繁栄していました。
16〜17世紀にはアユタヤ、マニラと並んで日本人町も作られていたそうです。
最盛期には1000人以上の日本人が住んでいたといわれます。御朱印船の時代です。

その名残が、日本人の墓や、来遠橋です。

その後江戸幕府の鎖国政策で日本人町が衰退した後は、
華僑の人たちが多く移り住んだため古い建築物や町並みは
中国南部の色合いが濃いそうです。

フーンフンの家
画像

約200年前に貿易商人の家として建てられた木造建築。

画像
画像
 
ベトナム、中国様式に加え、屋根には日本の建築様式も
取り入れられているとか。

画像

中は、みやげ物店も兼ねていて、
刺繍の実演もしていました。

画像

刺繍糸が整然と並べられたケースが美しい。

画像
画像
 
果物を運ぶ女性のモチーフ。

いかにもベトナムらしい素材ですが。

私が実際に見たのは、
もっと山盛りのフルーツを運ぶ姿で、
「竿もずっと下ににしなっていたけどなあ。
ベトナム女性の力強さが感じられないなあ。」
なんて思いました。
 
(この稿、続く)

(感想)

○ベトナムは朱印船貿易で長崎と交流のあった土地であったようだ。

今年のベトナムでの「APEC首脳会議」に合わせ、ホイアン市で
御朱印船の寄贈式があったようだ。

○私が聞いた範囲によれば、宮古に住まいするベトナムの
女性は働き者と評価は高い。

(記事関連)

家内、ベトナムを旅する@ーハノイ(タンロン遺跡、36通りなど)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_2.html

家内、ベトナムを旅するAーニンビン(その1)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_3.html

家内、ベトナムを旅するBーニンビン(その2)ー古都ホアルー、ミニスーパー

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_4.html

家内、ベトナムを旅するCーハロン市(世界遺産ハロン湾、一泊2日のクルージングーその1)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_5.html

家内、ベトナムを旅するDー世界遺産ハロン湾、一泊2日のクルージング(その2)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_6.html

家内、ベトナムを旅するEー陶器の村バッチャン村

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_7.html

家内、ベトナムを旅するFーフエ(トゥドゥック帝廟、宮廷料理など)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_8.html
 
家内、ベトナムを旅するGーベトナム戦争激戦地跡、フォンニャ・ケバン国立公園
↓ 
http://1120kura.at.webry.info/201712/article_9.html

家内、ベトナムを旅するHーひとり散歩、ホイアンへ

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_10.html

家内、ベトナムを旅するIーミーソン遺跡、ホイアンの夜祭

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_11.html
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
家内、ベトナムを旅するJーホイアン(市場、来遠橋→日本橋など) 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる