宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 家内、ベトナムを旅するNークチトンネル歴史遺跡、ホーチミン市での夕食

<<   作成日時 : 2017/12/20 07:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

12月20日(水)曇り 最高気温20℃ 最低気温17℃ 北風 海上風速15m

ミトーから北上してクチへ1時間半ほどかかります。

画像

こんな車が、走っていました。
ドアの内部ってこうなってるんですね。

画像

北中部では、すっかり枯れていたハスが
まだ青々しています。
蕾も見えます。

画像
クチトンネル歴史遺跡の地図

ベトナムオプショナルツアー様からお借りしました。

クチトンネル歴史遺跡
 
クチの町から約30km離れたところに地下トンネルがあります。

ベトナム戦争当時、この地域には解放戦線の拠点が置かれ、
鉄の三角地帯と呼ばれた難攻不落の場所でした。

アメリカ軍はたび重なる空爆と大量の枯れ葉剤を投下し、
解放勢力は、地下にトンネルを掘ってゲリラ戦を続けました。
総距離250kmにも及ぶ手掘りのトンネルは今も残っています。

枯れ葉剤→除草剤の一種。

ベトナム戦争でアメリカ軍が使用したことで知られ,その代表的なものを
オレンジ剤(エージェント・オレンジ)という。

1962〜71年に南ベトナム解放民族戦線と北ベトナム軍の勢力が潜伏していそうな
森林地帯で木々を枯死させ,食料となりうる農作物を処分することを目的として
低空飛行する航空機から散布された。(中略)

1970年代以降,ベトナム人の間では枯葉剤にさらされたことが原因とみられる
流産,皮膚疾患,癌,先天性欠損症,先天性奇形が異常に高い頻度で発生している。

また,ベトナムで長期にわたって枯葉剤にさらされたアメリカ合衆国,
オーストラリアおよびニュージーランドの兵士多数がのちに癌そ
の他の健康被害を経験している。(後略)(コトバンク)

画像
画像
 
地下トンネルの入り口はとても狭くカモフラージュされています。
係員が実際に入って見せてくれます。

画像
画像
 
小柄な体型のベトナム人なら入れそうですが、
体の大きな欧米人には無理でしょう。

画像
画像
 




落とし穴や

画像
画像
 
トラップ(罠)など模型が作って展示してありました。

画像
画像
 
塹壕                    蟻塚に似せて作った空気穴

画像

人形が動き,
どのように爆弾を作っていたか見せてくれます。

画像

台所のかまど、奥には穴が掘られ敵に発見されないよう
離れた場所から少しずつ煙が出るよう工夫されています。

画像
画像
 
タイヤのゴムを利用してサンダルを造るなど、
生活用品も工夫して作っていました。

画像

最後に、観光客用に入り口を広げてある
地下トンネルに入ってみました。
腰をかがめて進まなければなりませんでした。

画像

地上から深さ4m、6m、10mの3層構造になっていて、
会議室、司令官室のほかに台所や寝室、病院まであったそうです。

アメリカ軍は、この地下トンネルの存在は知っていたが、その複雑な構造を
正確にはつかんでおらず、最後まで攻略することはできなかったといわれています。

夕刻、ホーチミン市に戻ってきました。
 今日は日曜日。市内に向かう道は大渋滞。
お出かけするバイクの大群は壮観です。

画像


夕食

画像
画像
  
蓮の葉で包んだ蒸し春巻き                   すり身の芯はサトウキビ
南部らしい素材です。

画像
画像
 
魚の甘酢餡かけ                        五目ご飯も蓮の葉包みです

画像
画像
 
 鶏の土鍋煮込み                         白菜スープ。

蟹のスープと青梗菜の炒めもの
今日も、お腹いっぱいです。

(感想)

人殺しのために軍事技術を競い合う。
今は核やミサイルなど、「頭のよい!!」連中が
研究に腐心する。
なんと阿呆な連中か。

(記事関連)

家内、ベトナムを旅する@ーハノイ(タンロン遺跡、36通りなど)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_2.html

家内、ベトナムを旅するAーニンビン(その1)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_3.html

家内、ベトナムを旅するBーニンビン(その2)ー古都ホアルー、ミニスーパー

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_4.html

家内、ベトナムを旅するCーハロン市(世界遺産ハロン湾、一泊2日のクルージングーその1)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_5.html

家内、ベトナムを旅するDー世界遺産ハロン湾、一泊2日のクルージング(その2)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_6.html

家内、ベトナムを旅するEー陶器の村バッチャン村

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_7.html

家内、ベトナムを旅するFーフエ(トゥドゥック帝廟、宮廷料理など)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_8.html
 
家内、ベトナムを旅するGーベトナム戦争激戦地跡、フォンニャ・ケバン国立公園
↓ 
http://1120kura.at.webry.info/201712/article_9.html

家内、ベトナムを旅するHーひとり散歩、ホイアンへ

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_10.html

家内、ベトナムを旅するIーミーソン遺跡、ホイアンの夜祭

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_11.html
 
家内、ベトナムを旅するJーホイアン(市場、来遠橋→日本橋など)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_12.html

家内、ベトナムを旅するK-ホイアン(海のシルクロード博物館、福建会館、 伝統音楽コンサート )

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_13.html

家内、ベトナムを旅するLータイソン島(1)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_14.html

家内、ベトナムを旅するMータイソン島(2) メコンクルーズなど

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_15.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
家内、ベトナムを旅するNークチトンネル歴史遺跡、ホーチミン市での夕食 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる