宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 家内、ベトナムを旅する(最終回)ーホーチミン市の観光

<<   作成日時 : 2017/12/21 08:20   >>

トラックバック 0 / コメント 2

12月21日(木)曇りのち晴れ 最高気温19℃ 最低気温15℃ 北風のち北東の風 海上風速15m

「      」内は家内の言葉です。

「10日目

12月4日
 
今日は旅最終日。
ホーチミン市の観光です。
 
ホーチミンはベトナム戦争が終結し、解放される1975年までは
「サイゴン」と呼ばれていたベトナム最大の商業都市。

人口は、約782万人、その数はますます増加の
一途をたどっています。

画像
 
ホテルの前グエンフエ通りの突き当たりは、
ホーチミン市人民委員会庁舎。

1908年建造のフランス風建築物です。

画像

通りの反対側は、サイゴン川に出ます。
真ん中は、遊歩道になっています。

まずは、ベンタン市場に向かいます。

画像

今日はよい天気で青空が広がっています。

ベンタン市場 

生鮮食料品から衣料、雑貨まで何でも揃うホーチミン市最大の市場。

画像

靴屋さん
画像

布やさん

狭い通路にぎっしりお店が並んでいます。
でもなんだかとっても暗い。店員さんもやる気がなさそう。
購買意欲が湧きません。
後で聞くと停電だったんだそうです。

画像

生鮮食料品のお店は外側に並んでいるので見やすかったです。
画像


魚介類が豊富です。
画像


画像

圧巻はこれ。
茹で蟹がきれいに殻がむかれ、
種類や部分ごとに仕分けられて
売っていました。

ベンタン市場では、誰も買い物せずその雰囲気を味わっただけ。
現地のガイドさんも勧めませんでした。

通りがかりの公園で。

画像

扇を持って踊る集団。健康体操の一種のようです。

統一会堂
 
南ベトナム政権時代、独立宮殿と呼ばれた旧大統領官邸。

画像

1975年4月30日、解放軍の戦車がこの官邸の鉄柵を突破して、
無血入城を果たし、事実上ベトナム戦争は終結しました。

画像

正面はレユアン通り
解放軍の戦車がやってきた通りです。

中央郵便局。
元々は、駅舎になる予定だったため大きな時計が飾られています。

画像

19世紀末のフランス統治時代に建てられ、
建築文化財としても貴重なものだそうです。

画像

内部天井は、クラシックなアーチ状になっています。

画像

現在も郵便局の機能を果たしています。
ここから絵葉書を投函しました。

画像

郵便局前の広場に、お散歩中の園児たちがいました。

画像

そろいの制服に思い思いのサンダル。
ビーサンを履く子もいて南国らしいです。

画像

郵便ポストはフランスと同じ黄色です。

サイゴン大教会(聖母マリア教会)

19世紀末に建てられた赤レンガ造りの教会です。

画像
画像
 
青空に映えて美しい。
こんな青空はベトナムの旅行中初めてでした。
前の広場には、十字架を立てた地球を持つマリア像がありました。

画像

内部は工事中で見ることはできませんでしたが、
古い写真が並べられていて、初めは尖塔が
なかったことが分かります。

戦争証拠博物館 

ベトナム戦争の歴史を、実際に使用された戦車や大砲、爆弾などの
戦争遺物、写真などの展示で綴る博物館です。

画像

屋外には、戦車や戦闘機、
拷問の島と呼ばれたコンソン島の牢獄を復元したものもありました。

画像

実にたくさんの写真が展示してありました。

画像
画像
 
中には日本語の解説が付けられているものも。

画像

こちらは、『安全への逃避』と題された沢田教一郎氏撮影の写真
ピュリッツアー賞を受賞したことでも有名ですが、
以前、この地と家族を訪ねるテレビのドキュメンタリー番組を見たことがあるので
一番興味深かったです。

画像

こちらも、メコンデルタの田園風景を見ただけに
「こんなに荒らされてたんだ」と思う写真でした。

画像

こちらも日本でも何度か見た写真です。

画像

大きな砲弾も無造作に置かれています。

画像

銃が、きれいに陳列してあるコーナーでは男性が興味シンシンに覗き込んでいました。

1階のコーナーには、日本でのべ平連の集会や
デモの様子を紹介した写真もありました。

これで観光は終了

昼食は、デザートが面白かったです。

画像
画像
 
ココナツに盛られたアイスクリーム。
内側の実の部分を削りながら一緒に
食べるとおいしいです。

午後からは、フリータイム。
自由にホーチミンの街を観光するつもりでした。

近くのスーパーを覗いた後、サイゴン川の方へ行くつもりで歩いていると
猛烈なスコール。
叩きつけるような雨と、強い風。傘をさしても進めません。
ビルの陰で雨宿り。

画像

チャン・フン・ダオ像のあるメリン公園前で立ち往生です。
なかなかやみません。

画像
画像
  
その後も、小康状態になるものの、断続的に雨が降り続きます。
サイゴン川はあきらめてショッピングに切り替え
ドンコイ通りの店を覗きながらホテルに戻りました。

ベトナム最後の夕食 

ちょっと高級レストランの海鮮料理です。

画像
画像
 







入り口                             小魚のてんぷら ちりめん雑魚のちょっと大きいのくらい

画像
画像
 
蟹の身たっぷりのスープ                     ハマグリの酒蒸し

画像
画像
 
揚げ春巻きは、パイナップルときゅうりといっしょにレタスに包んで食べます。
甘酸っぱいパインが良くあいます。

画像
画像
 
大きな茹で海老                               海鮮鍋

画像
画像
 
白身魚、いか、海老、ホタテが入っています。
出汁の出たスープにご飯を入れて雑炊にしてくれました。
最後までおいしく食べることができました。

画像

デザートは、すいかとパパイヤ。
今回のベトナム旅行では、たくさんの果物を食べることができました。
さすが、フルーツ王国です。

20時20分ホーチミン空港到着

12月5日
0時30分 ホーチミン空港を出発

7時40分 成田空港到着
5時間あまりの飛行時間でした。

以上で無事旅が終わりました。
たくさんおいしいものを食べた旅でした。


お礼

家内の旅行記を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

旅の記録を綴る中で、彼女はより確かな想い出として、心に
残ったものと思います。

私も編集しながら、ベトナムについての知識が多少得たような
思いをしています。

ベトナム戦争での悲惨な状況は今も続いています。

国益を第一義とする、国家間の緊張状態、ISやミャンマーの
ロヒンギャ難民などなど、世界のあちこちで紛争が続いています。
平和を求めながらも人が殺し合う状況は続いています。

残念ながら、それら矛盾を乗り越える原理を、未だ人類は
持ち合わせていないようです。

国境を取っ払い、宗教の壁を取っ払い、根深い差別意識を取っ払い
世界に真の平和が訪れるなど、幻想中の幻想ということでしょうか。

(記事関連)

家内、ベトナムを旅する@ーハノイ(タンロン遺跡、36通りなど)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_2.html

家内、ベトナムを旅するAーニンビン(その1)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_3.html

家内、ベトナムを旅するBーニンビン(その2)ー古都ホアルー、ミニスーパー

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_4.html

家内、ベトナムを旅するCーハロン市(世界遺産ハロン湾、一泊2日のクルージングーその1)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_5.html

家内、ベトナムを旅するDー世界遺産ハロン湾、一泊2日のクルージング(その2)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_6.html

家内、ベトナムを旅するEー陶器の村バッチャン村

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_7.html

家内、ベトナムを旅するFーフエ(トゥドゥック帝廟、宮廷料理など)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_8.html
 
家内、ベトナムを旅するGーベトナム戦争激戦地跡、フォンニャ・ケバン国立公園
↓ 
http://1120kura.at.webry.info/201712/article_9.html

家内、ベトナムを旅するHーひとり散歩、ホイアンへ

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_10.html

家内、ベトナムを旅するIーミーソン遺跡、ホイアンの夜祭

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_11.html
 
家内、ベトナムを旅するJーホイアン(市場、来遠橋→日本橋など)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_12.html

家内、ベトナムを旅するK-ホイアン(海のシルクロード博物館、福建会館、 伝統音楽コンサート )

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_13.html

家内、ベトナムを旅するLータイソン島(1)

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_14.html

家内、ベトナムを旅するMータイソン島(2) メコンクルーズなど

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_15.html

家内、ベトナムを旅するNークチトンネル歴史遺跡、ホーチミン市での夕食

http://1120kura.at.webry.info/201712/article_16.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ベトナムの旅行記を楽しませていただきありがとうございございました!

2月末にホイアンに行く予定ですが、ホーチミンやサイゴン、ハロン湾にもいつか必ず行ったみたいと思っておりましたので興味深く拝読いたしました。

そして、奥さまの次なる訪問先は何処になるのでしょうか、気になりまーす!
沖縄原
2017/12/23 12:10
沖縄原さん、こんにちは

最後まで、お読みいただきありがとうございました。
2月末のご旅行にほんの少しでもお役に立てる箇所があれば
大変うれしいことです。

ホイアンの事を家内に話したら、「のんびり、ゆったり
街歩きを楽しまれたらいかがですか」と話しておりました。

次は中米のガテマラに行きたいと申しております。
マヤ文明に関心があるようです。
kura
2017/12/23 13:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
家内、ベトナムを旅する(最終回)ーホーチミン市の観光 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる