宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 「第28回宮古島100kmワイドーマラソン」のカメラ係をする

<<   作成日時 : 2018/01/21 19:46   >>

トラックバック 0 / コメント 2

1月21日(日)曇り 最高気温23℃ 最低気温19℃ 北東の風

画像


今日(1/21)

「第28回宮古島100kmワイドーマラソン」(主催:宮古島市、沖縄タイムス社)が
曇り空の下、行われた。

選手たちは下地公園を朝5時にスタート、伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の
3つの橋を渡リ、宮古島一周を力走、14時間以内にゴールの下地公園で
完走テープを切ることを目指す。

加えて、途中、(46.5km地点8時間、80km地点11時間15分、90km地点13時間)
の時間の関門が待つ厳しいレースだ。

なお、同時に50kmマラソン(スタート宮古特別支援学校)
22kmマラソン(スタート東平安名崎公園駐車場)が行われている。

画像
「第28回宮古島100kmワイドーマラソン」の制服

私は宮古婦人連合会の依頼を受け、82km地点の「レストステーション」(「海宝館」敷地内)
のカメラ係を担当、婦人たちの活動の様子や選手たちの様子を見ることになった。

画像


約束の午前10時前、現地に到着。

てっきり、テントが張ってあると思って
いたが意外な事に、立派なプレハブ
の建物が2棟設置されていた。


画像


1棟は厨房、もう1棟は必要ドリンクなどの
荷物置場になっている。

関係者の話によると、実行委員会が借り受けたもので
前日に業者が組み立てたらしい。

テントでは衛生上問題があるの保健所の指導があり
屋根のしっかりしたプレハブ建物の設置を決めた
との事だ。

画像
画像


厨房ではそば作りなどで忙しい。

婦人会では主に時間を決め、交代しながら
全体の仕事を進めて行くとの事だった。

画像
画像
ジューシーおにぎりやぜんざい作り(左)パン(右)

外でも、選手への応援フードやドリンクが並ぶ。

画像
画像
梅干し、黒糖、食塩(左)コーラ、エアサロンパス、アクエリアス、水(右)

その他、みかんやバナナが置かれている。

画像
最前列左から3番目が島尻会長

一応、仕事の段取りがついたところで、集合写真。

画像
画像


冷蔵車 給水車がやって来、ポリバケツにホースで注水、
その中に氷を入れていく。

画像
画像


そのうち、トップの選手がやってきた。

(追記)このままトップを維持、優勝した愛知県の大林選手(1/22 地元紙)

画像
選手たちが用意した自身のドリンク類


画像


後続のトップグループがパラパラやって来る。


画像


この頃、気温がさらに上がり、選手に厳しい条件が課されていく。

画像




画像
女子トップの選手

きつい中を笑顔でポーズ。

(追記)このままトップを維持、女子の部優勝を果たした長崎県の望月選手(1/22 地元紙)


画像
画像


氷水を頭にかけて気持ちよさそうだ。

「このまま、行けば自分はどうにかなりそうだ」と棄権を訴える
人もいたが、概ね、選手は言葉明瞭で、しっかりしていた印象。

ゴールまであと18km。
先にアップダウンが続く厳しい道を走り去っていった。

人間業とは思えない100km(10万m)へのトライ。

全員、無事の完走を願わざるを得ない心境だった。


(追記)完走率は100kmの部、57.02%((1/22 地元紙)
との事。

いかに過酷なレースであったことがわかる。

選手の皆様、ご苦労様でした!!!








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カメラマンのお役目お疲れさまでした!!!

長時間走る(歩く?)ランナーももちろんですが、長時間のサポートも大変なことだと思います。
県内外から参加したランナーも、きっと宮古島の暖かいサポートに感謝していたことでしょうね。

それにしても何年か前までは、ワイドーマラソンの前日に100kmのウルトラ遠足(とおあし)を開催し、両方に出場し完走した人達がいたのですよね。
知らないうちにウルトラ遠足は消滅しましたが、人間の能力とチャレンジ精神はすごいですね。

タイムもさることながら、完走することの難しさや完走した時の達成感は想像を超えているのでしょうね。
いつか大きな声で応援してみたいと思います^^
沖縄原
2018/01/23 19:02
沖縄原さん、おはようございます

朝5時にスタート、制限時間の午後7時までに、ゴールに戻ってこなければ
いけないランナーは大変です。夕闇が迫ると、辺りはかなり暗くなりますから、灯りを頼りに走ることになります。

サポート側も自らの仕事の都合をつけて、ボランティア活動に
入りますから大変です。
しかし、皆さん、それぞれの持ち場の仕事を
しっかり果たされていました。

2日間連続で都合200kmですか。人間業ではないですね!
「エベレストを登頂、征服したい」に似た意欲や
心理が働くのでしょうか。

達成感や満足感、安心感などの心の充足が
自分への最大のご褒美でしょうね。


kura
2018/01/24 04:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
「第28回宮古島100kmワイドーマラソン」のカメラ係をする 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる