宮古島に暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊良部漁協直営の「おーばんまい食堂」に行く 下地島空港その後、スイカ

<<   作成日時 : 2018/06/22 09:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

6月22日(金)晴れのち曇り 最高気温31℃ 最低気温27℃ 南風 海上風速11m

画像

昨日、今月の15日にグランドオープンした
「おーばんまい食堂」(伊良部漁協直営店)
に家内と行ってきた。

「おーばんまい」とは佐良浜の方言で、
日本語では「大判振る舞い」の意との
ことだ。

画像

場所は佐良浜港内の一角、 「いんしゃ (海人) の駅佐良浜」 の1階にある。

ここは同漁協の既存施設が老朽化のため取り壊され、新しく同場所に
建設されたもの。

画像

早速、中に入る。
海が見え、開放的な広い店内(184uの敷地)。

昼時であったためか客が次から次へと入ってきた。


画像

私が注文したのは海鮮丼。モズクと味噌汁付き。
900円。

丼にはマグロ、海ブドウ、大葉、わさびがのせてある。


画像

家内は胡麻ヅケ丼。800円。

画像

なお、当日のメニューは上の通り。
写真が見にくくなった。ご海容を願う。

営業時間は午前11時〜午後3時。


画像

食している時、漁船が佐良浜港に戻ってくるのが見えた。

水揚げの様子が見られそうだ。

画像
画像

本日の漁獲はカツオとマグロ。
その場で買い求める人もいた。

下地島空港供用準備はどの程度進んでいるのか

画像
中央向こうに滑走路

ところで、下地島空港(来年3月開港予定 )の開港準備は
どの程度、進んでいるのだろうか。

店を出て同空港まで行く。
見渡す限り、工事の様子など何もなかった。
供用開始まで間に合うのだろうかと
ふと考えてしまう。

今朝の地元紙によれば、

下地島空港旅客ターミナル施設整備事業を進めている「三菱地所」
は、目下、国内外のエアラインと交渉を進めているとの事。

中期的には台北、香港、ソウル、上海からの定期便就航、
国内線は都市圏からLCCも誘致する計画をしている。

市も供用開始に向け、市内の広範囲の場所から空港へ
アクセスできるために、「アクセス調査事業」を実施し
第2次交通の確保を図るようだ。

なお、市議会の席上「同空港の供用開始が遅れるのではないか」の
一議員の質問に市側は「三菱地所から遅れるの連絡は来ていない」
との事だ。

大雑把な物言いながら、宮古の工事はいつも予定通りは
進まない印象。

今回はそんなことがないように願いたいものだ。


スイカ

画像


自宅畑のスイカが大きくなってきた。
縞模様もはっきり濃くなってきた。


画像
もう一つのスイカ

他にメロンが3つ実として生長中。

雌花を見れば、人工授粉をしているが
実として生長途中で、落ちてしまうのも多い。
もどかしい限り。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
伊良部漁協直営の「おーばんまい食堂」に行く 下地島空港その後、スイカ 宮古島に暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる