Slam for Matui from the NYP 松井への酷評。ニューヨークポスト紙より

Thu/11/October/cloudy

画像


The New York post carried the article entitled “GODZILLA FAR FROM MONSTER” on the ninth of October.
I will quote a small of part of the article

“The left fielder - who played DH last night, hobbled by a sore knee - hardly lived up to his monstrous nickname, Godzilla.”

“In the Yankees' four-game ALDS(※ American League Division Series ) disaster, Matsui finished 2-for-11, notching a pair of singles and no extra-base hits. He did walk five times. But it wasn't quite an elite performance, especially considering he hit .285 with 25 homers and 103 RBIs during the season.”

“Matsui struggled in Games 1 and 2, going 0-for-4 with two strikeouts in the former and 0-for-3 with a walk in the latter. He then had a fine Game 3, collecting his first two hits and adding two walks.“

“His failures were emblematic of the Yanks' lineup this series. They put up a good effort in Game 3 - scoring eight runs against Jake Westbrook & Co. - but they were mostly absent the rest of the time.”

9日、ニューヨークポストは「ゴジラは怪物に程遠い」と題する記事を掲載した。
記事の一部を引用したい。

「昨夜は指名打者で、痛む膝を引きずってプレーした左翼手(※松井)は、彼の怪物的なニックネーム「ゴジラ」に見合うものではなかった。」

「ヤンキースのア・リーグ地区シリーズでの敗退・4試合の中で、松井は長打はなく2本のヒットを獲得しただけで、11打数2安打に終わった。5度の四球!
しかしながら、今シーズン、彼の打率2割8分5厘、ホームラン25本、103打点を考えると、必ずしも、エリートにふさわしいプレーだとは言えない。」

「松井は第1試合、第2試合に出たが、前者は2三振を含む4打数ノーヒット、後者は1四球を含む3打数ノーヒットだった。
第3試合ではじめての2安打、2四球でよかった。」

「彼の不出来は今シリーズの、ヤンキース、クリーンナップの象徴だった。彼らは第3試合にジェイク・ウェストブルック投手などから8得点するよい内容を
打ち立てたが、他はほとんど休眠状態だった。」

ニューヨークポスト紙

http://www.nypost.com/seven/10092007/sports/yankees/godzilla_far_from_monster.htm


画像



画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック