”The Old Man and the Sea”  「老人と海」

Fri/16/November/cloudy

画像


I usually read the book entitled" The Old Man and the Sea” by Hemingway little by little before bed.
But
I can not go on reading that at all.
Because
There are a lot of difficult words for me in the book,
For example
Difficult words for me
Page 1
skiff,gaff,harpoon benevolent ,erosions
I was in total ignorance of these words.
In addition
There are Spanish such as the words written salao,bodega,and fishery terms
Although I had looked up such unfamiliar words in a dictionary when I began to read
I have been reading that, making a guess at these words lately
I bought the book be translated into Japanese by Koson Fukuda .today .
I may be able to read that easier .

就寝前に、いつも、ヘミングウエイの「老人の海」を少しづつ読んでいる。
しかし、
一向に、読み進めることができない。
というのも、
この本の中に難解な言葉がたくさんあるからだ。
例えば
1ページ目
skiff, 
gaff
,harpoon
benevolent ,
erosions
全く、これらの言葉の意味がわからなかった。
加えて、スペイン語、例えばsalao,bodegaの言葉や漁業用語があるからだ。
読み始めた頃、難語句を辞書で調べてきたが
最近では、これらの言葉を推測しながら読んできた。
今日、福田恆存訳の翻訳本を買った。
以前より簡単に読めるかも知れない。





画像



この記事へのコメント

2007年11月16日 22:53
Hi!
You are great that you read a novel in English every night.
I respect you very much.
I cannot do the same things that you do.
I hope you will finish reading it in the near future.
Good luck!
2007年11月17日 07:42
Hi!Koko-kazu san
Thank you very much for cheering me up.
Although it is difficult to finish reading a book written in English,
I will go on reading to the end,
Have a nice day!
2007年11月17日 10:52
Kuraさんには頭が下がります。外国語でのブログ、そして、就寝前に ヘミングウエイの「老人の海」という本を読む、私などは新聞すら斜め読みです。これかなじっくり活字を読むことにしょう。
2007年11月17日 12:39
野次喜多日記さん、こんにちは。
英語もビギナーで悪戦苦闘しています。(笑)
英語で書かれた原書などほとんど読んだこと(高校時代に「アンクルトムの小屋」程度で)なかったので、挑戦してみたのですが、挫折の連続です(笑)
新聞も同じく斜め読みです。
一度、機会があれば、朝刊全ページ完読したいと思っているのですが、いつのことになるやら・・(笑)
miho
2007年11月22日 18:56
しばらくくらさんのブログを拝見していませんでした。
今、新しいのから、前のものへと戻りながら読ませていただいているのですが、「老人と海」、毎晩、読み進めておられたのですね。
すごいです。
知らなかったので、今日私の日記に下さったコメントに「読み終えましたか?」なんて書いてしまいました(^_^;)
すみません。
kura
2007年11月23日 05:57
お返事は「残念ながら、まだ読み終えていません」ですね。(笑)
読み終えていない理由は上記に記した通りですが、それに加えて、文の構造に
不明なところが多々あって、それが「抵抗勢力」になっています。
翻訳本を片手に、ゆっくり味読していきたいと思っています。
焦る必要もないわけですから(笑)

この記事へのトラックバック