A hat made of a Livistona クバ笠

Tue/5/Februrary/cloudy

画像


I am planning to grow subtropical plants such as bougainvillea, hibiscus, a several of fruits in Miyako Island.
It is said that ultraviolet light is strong around the island.
I think that I have to put on the hat like this to protect my skin from ultraviolet light and beat injury.
The hat is made with leaves of a Livistona, another name Kuba in Okinawa.
Though I bought that in Okinawa before
It seems to be useful for my life in the near future

宮古島で、亜熱帯植物 例えば ブーゲンビレアやハイビスカス、果物を育てることを
考えている。
島周辺は紫外線が強いと言われている。
自分の肌を紫外線や熱中症から守るために、このような笠をかぶらなくてはならないと
思う。
この笠はビロウの葉、別名 沖縄ではクバの葉で作られている。
以前、沖縄で買ったけれど、近い将来、役に立ちそうだ。


この記事へのコメント

2008年02月06日 00:41
Hello, kura-san.
You are gonna move to Okinawa and grow subtropical plants, your dreams are great!
kura
2008年02月06日 08:28
Hi ! koko-kazu-san
Wow! “gonna !”
This word is one of abbreviations(省略形), isn’t it.?
It often seems to be used when communicating in English, doesn't it?
I will just review that
gonna -→ going to
gotta -→ got to = have to (→hafta)
wanna→ want to
outta -→ out of
Thanks for giving the opportunity of learning
Have a nice day!
hiro
2008年02月06日 11:20
Hi kura-san!!!
It is very wonderful that you are going to start second
life in Miyako-Island. You have go-aheadism like a young man. Sometimes, my husband and I think that we want to make second life somewhere,like you. But we don't have the courage and passion. I think you are very great! I think the life in Miyako will be pleasant because you can do anything which you like.
Have a good day.
Kura
2008年02月06日 12:06
Wow!
"like a young man"!!
I was very glad to hear that.(laugh)
You and your husband think of a way of spending your second life, don’t you?
It's great!
Generally speaking
It must be living more freshly by taking new aim in life ,I think.
Thanks.

hiro
2008年02月06日 14:43
Yes, Kura-san, we have been thinking of about our second life for 5 years. He becomes 65 years old this summer. These days we give it up a little. That is why you are great!

hiro
2008年02月06日 17:46
またまたミスです。thinking of にすべきか thinking about にすべきか迷っているうち、片方を消去するの忘れました。
Kura
2008年02月06日 22:47
hiroさん、こんばんは。
think of と think aboutの違いは難しいですね。
(例文)◎What dou you think of my new office?
◎She couldn't think about anything else but going home.(以上、ロングマン英英辞典)
◎What do you think of {about}it ?
◎What are you thinking about?(漠然と尋ねる時の言い方)(以上、ジーニアス和英辞典)
よくわかりませんが、aboutの場合、なんとなくぼんやりしたような感覚が
あるような気がします。それに反してofは具体的な限定があるのかな。
また調べてみます。

Kura
2008年02月06日 22:52
参考です。
a book about animals →動物に関する一般的な内容の本
a book on animals →動物に関する専門的で高度な内容を持つ本
(ジーニアス和英辞典)
Kura
2008年02月06日 23:01
どこで生きても、心の持ち方一つで、幸福であったり、不幸であったり
するのではないかと思います。すべては自分の問題ですから。
僕はたまたま沖縄と縁があり、そこで暮らすことが、一番ベストと考えました。
しかし、生老病死の問題はどこにいてもついて回ります。「今」を大事に
これからもがんばりたいと思っています。
るびー
2008年02月07日 06:20
紫外線はこちらも強いです。日本にいた時とは比べ物にならない強さです。
目にもよくないので、サングラスは手放せないし、日焼け止めもかかせません。
Kura
2008年02月07日 07:38
オーストラリアも紫外線がきついようですね。
サングラス、日焼け止めですね。心しておきます。
ヤマトンチュー(本土の人間)とウチナーンチュ(沖縄人)
の見分け方の一つとして、海水浴場などで、長袖を着ているのがウチナー、着ていないのがヤマトンチューのような基準を、沖縄の人は持っているようです。
紫外線の強さをよく知っている地元ならではの知恵ですね。

この記事へのトラックバック