"Essays in Idleness" No.52episode  徒然草 52段

Fri/20/June/cloudy

画像




I visited the Iwashimizu Hatsiman-gu Shrine, Yawata city, Kyoto prefecture
with my wife, the day before yesterday .
The shrine is famous as the place written No .52 episode of the Tsurezuregusa of Kenko Yoshida.

一昨日、家内と京都府八幡市の岩清水八幡宮を訪ねた。
この神社は吉田兼好の徒然草の52段が書かれた場所として有名である。


画像


The Iwashimizu Hatsiman-gu Shrine
岩清水八幡宮


画像


No.52 episode
Translated by Donald Keene.
52段
ドナルド・キーン氏翻訳

“A certain priest in the Ninnaji,regretting that he had never worshiped at Iwashimizu,
though now advanced in years, made up his mind one day and set off alone on foot on his pilgrimage.
He worshiped at the Gokuraku temple and the Kora shrine and, supposing that was
all there was to Iwashimizu,returned to the Ninnaji.
Back in his temple, he told his fellow priests,” I’ve succeeded in realizing my dreams of
many years. The shrine was even more impressive than I had been led to believe.
But I wonder why the other pilgrims all climbed the mountain.
Is there something there?
I want to have a look for my self, but my main object, after all, was to worship the god, so I decided not to explore the mountain.

“Even in trivial matters a guide is desirable. “
(自訳)
年をとってきたけれど、いまだずっと岩清水八幡宮に参拝できないことを残念に思っている仁和寺のあるお坊さんが ある日、参拝を心に決めて、徒歩で1人、参拝地に旅立った。
お坊さんは極楽寺、高良神社を参拝し、岩清水八幡宮のすべて回るべきところは回ったと
考えて、仁和寺に戻った。
寺に戻って、お坊さんは仲間のお坊さんに、「数年来の夢を実現することができました。
私がずっと思っていた以上に素晴らしいお宮でした。ところで、他の参拝者の皆さんが山に登られるのはどうしてであろうと不思議に思っていました。
山に何かあるのでしょうか。
私自身、見たいと思いましたが、とにかく、私の目的は
神様をあがめることでしたので、山に行かないことを決めました。

「些細なことでさえ 案内人の存在が望ましい。」

極楽寺、高良神社は男山のふもとにあり、岩清水八幡宮は男山の山頂にある。

advanced in years,年を取っている. pilgrimage 巡礼、聖地巡り
pilgrim巡礼者 ,suppose思う、推量する
succeed in~することに成功する、首尾よく~する、目的を達する、~を物にする
trivial matterざらにある出来事、どうでもよいこと、些細なこと、小さい事柄


画像


I reached the top by cable car.
The shrine situated at the top of Otokoyama mountain (142.5m in height)

ケーブルカーで山頂に行った。
神社は男山の頂上にある。


画像


Nobody ride in the cable car except us

私たち以外誰も乗っていなかった。


画像




画像




画像


Simple driving device
シンプルな運転装備



画像


画像


A style of building called Azekura Dukuri in Japan
校倉造り





画像




Reference
参考
Original
原文
「仁和(にんわ)寺に、ある法師(ほふし)、年寄るまで、石清水を拝(をが)まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとり、徒歩(かち)よりまうでけり。極楽寺・高良(かうら)などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。
さて、かたへの人にあひて、「年ごろ思ひつること、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意(ほい)なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。
すこしのことにも、先達(せんだち)はあらまほしき事なり。」



岩清水八幡宮

http://en.wikipedia.org/wiki/Iwashimizu_Hachiman-g%C5%AB

この記事へのコメント

clock516
2008年06月20日 23:46
How are you again?
Did you, modern people, visit there with a guidebook?
I read five times. I may need more.
Today's topic with a touch of Japanese classical literature is very interesting.
I was poor in Japanese classics when I was a student.
Donald Keene is a good translator and you are a very good teacher, too.
Thanks to you, I enjoyed quality time.

By the way,
I would like to change the name on my blog.
Like... "Blog in idleness". haha
Kura
2008年06月21日 09:00
Hi ! Clock516-san
I visited to there without a guidebook.
In many cases,
I am more likely to do some sightseeing without a guidebook.
By the way,
I was not good at Japanese classical literature either.
However
I liked reciting famous poetry of classical literature such as Heike Monogatari.
Oku no Hosomichi.
I like writing style with rhythm of a sentence

"Blog in idleness "! Wow!
It may be great! (Laugh)
"Kura in idleness"
It's an exact express for me! (Laugh)

Thanks
hiro
2008年06月21日 09:15
Hi Kura-san!!!
I think that today's topik of your blog is very interesting for me.
We studied essays in idleness No52 episode with the textbook of language of the third grade at a junior high shool.
It is a very familiar essay.
I thought that the human essence did not change in the all ages.
The other episodes of this essay are also good enough in the present ages, I think.
Take care.


2008年06月21日 09:36
 kuraさん、こんにちは。1週間分読ませていただきました。毎日のarticle(写真も素敵)が濃密な内容なので流して読むのはもったいない、と思いつつ流し読みもしています。ごめんなさい。
 石清水八幡宮のキーン氏翻訳を興味深く読みました。原文の「聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。」は「The shrine was even more impressive than I had been led to believe」が限界なんでしょうね。「尊くいらっしゃる」という尊敬語。法師の感嘆と、崇拝の念は絶頂なわけで、だからこそ滑稽さが浮き立つ。でも、英語って尊い存在にもfriendlyです。あっさりした笑話に仕上がっていると思いました。
 兼好法師って仁和寺の僧を笑いものにする話を他にも書いていますが、これをエリートコースを歩む男へのジェラシーとつい読んでしまう私です。
 kuraさんの石清水八幡宮や道中の写真によるガイドは出かけたみたいにとても楽しかったです。
Kura
2008年06月21日 12:40
Hi! hiro-san
I agree with you.
I also thought that the nature of humankind did not change in any times.
In the same way,
It might be not too much to say that the very stuff of life did not change in any times,though it is so difficult problem .
Anyway
I will read the other episodes of Turezuregusa from now on

Thanks.


kura
2008年06月21日 12:42
ローズティーさん、こんにちは。
確かに、日本語には尊敬語、謙譲語、丁寧語などあって、これをその時々の状況の中で使い分けていかなければならない厄介さがありますね。
仏と自分との関係、他者と自分との関係(人間関係)などの中で どう言葉を選び取り,どう伝えていくか なかなか難しい問題が日常的に存在しています。
I とYouの世界で親しんできた人にとっては Japanese is very difficult language となるでしょうね。
吉田兼好についてはよく勉強していないのでわかりませんが、「嫉妬」や「虚栄心」が人間を動かす大きな力になりうるのは事実でしょうね。

この記事へのトラックバック