ドラゴンフルーツの芯止め

2月18日(木)曇りのち雨 最高気温18℃ 最低気温15℃  北東の風 海上風速
13m

画像
ドラゴンフルーツ

今日も寒い。
畑に出ると、手がかじかむ。冷たい風だ。

ドラゴン全体は以前に比べて、緑色が深まり
「本物のドラゴンになってきた。
これならたくさん実をつけてくれるはず」(宮古の知人の話)
とのことだ。

これまで、葉肉の周りに雑草を重ねたり、肥料を与えたりした。
中断している米のとぎ汁も今後は与えていきたい。

ただ、支柱が問題。
当初は石垣に這わすつもりで、出来るだけ、そのそばに
苗を植え付けた。

その後、這わすやり方はあまり実をつけないことを聞き
どうするか迷いながら、今日まで来ている。

もう少し、石垣から離して苗つけをすれば、金属製の
鉄柱で支柱を組めるのだが。

いずれにしろ、早急に結論を出さなければいけない。



画像


長く伸びすぎた枝の先端を切り、芯止めをした。



画像


葉肉の下の方から、若い枝がでてくる。
気がつけば、いつも剪定している。
今日も4個切り取った。



画像


葉肉が食われている。
多分、カタツムリによるものだろう。

この記事へのコメント

2010年02月18日 17:14
こちらは今朝結構な雪でした。まだ寒いです。
宮古島も今日も寒そうですね。

農作物、いろいろ研究なさっているのですね。
知らない土地ですごいです。
もし私が移住しても、ぼーっと海を見ているだけかも知れません。
ドラゴンフルーツ、大きな花と実が楽しみですね。
kura
2010年02月18日 18:26
島かあさんさん、こんばんは。
今日も寒くて、電気ストーブ、ヒーター全開です。
私も観光客で本島や宮古、八重山に訪れていた時は、花や海をぼーっと見ていただけ
かもしれません。
しかし、そこで住むとなると、全く別の問題が浮上してきます。
近隣の人たちとの人間関係、宮古の歴史や文化、政治経済の問題など多岐にわたって
関心を持たざるを得ません。
移住生活も外の方が見るほど、簡単なものではありませんが、逆にいえば、分からない
事も多く、毎日が新鮮な感じもします。
毎日を目的を持って過ごしたいですね。
発見、挑戦が今の所のキーワードです。
野次喜多日記
2010年02月18日 21:35
今日の関東は朝起きると雪が数センチの積雪、そんな中決まって出勤日何とか気をつけながらの運転で職場に到着、日中気温が上がり帰りには道路や屋根にはまったくの雪なしです。
さて、宮古島は雨と風で最高気温18℃最低気温15℃ですがでかじかむようですが海風はこちらと違うのでしょうね。
ドラゴンフルーツがきれいな緑色で生長していますね。たまにはカタツムリに新芽をだめにされるのですか。風が強いですから支柱と風除けの工夫が必要ですね。  
kura
2010年02月19日 03:39
野次喜多日記さん、おはようございます。
昨日の朝はやはり雪が積もりましたか!運悪く、ご出勤日。道中、大変でしたね。

宮古の今の時期は冷たい陸風(北風)が多いですね。雨もよく降り、一層、寒さが募ってきます。外に出れば、冷え込みのため、じっとしていられません。
カタツムリはドラゴンの葉肉(主幹)に被害を与えます。1番の害虫です。
この前も、雑草を切り取った時、その下から、出てくるは、でてくるは!の感じです。
困ったものです。
ドラゴンは潮風には強いはずですが、暴風(台風)に備えて、しっかりした支柱が必要です。
植え付けた場所が悪いので、支柱が組みにくく、工夫が必要な展開となっています。