ドラゴンフルーツを摘蕾した  アラマンダの移植 

7月8日(木)曇り 最高気温32℃ 最低気温28℃ 南西の風 海上風速 11m

画像

画像


(左)摘蕾前(右)摘蕾後

ドラゴンフルーツの蕾が大きく膨らみ始めてきたので
今日、摘蕾した。

基本的には、葉肉の先端に成る蕾を残し、後は切除。

先端の蕾、元気ないならば、その周辺に成る勢いの
ある蕾を残した。

1枚の葉肉に1個の蕾。

1個に絞ることによって、大きな実を期待しているのだが
果して、思惑どおりにうまく行くか。

なんせ、去年は、分からないまま、何もせず、闇に咲く花の
華やかさに驚いただけであった。
従って、収穫はたったの1個。

今年は何とか2個以上と考えているが、あまり、自信が
ない。


画像


今日、摘蕾したものだが、天ぷらにする予定。
以前、「あたらす市場」で買って、天ぷらにした。
結構、いける。


アラマンダの移植

画像


鉢で育てている花たちをぼちぼち、露地に移植したい。
手始めにこのアラマンダ(オオバナアリアケカズラ)。

土中に埋まる大きな琉球石灰岩に手を焼くのは
いつものことだが、何とか、掘り終えた。

半つる性の植物だから、今後、支柱も必要かと
考え、石垣そばに植え付けた。



この記事へのコメント

2010年07月08日 20:02
せっかくついた蕾を摘むのは思い切りが必要だったでしょうね。
せめててんぷらにして食べられるのはよかった!
野次喜多日記
2010年07月08日 21:39
作物は何でもならっばなしはいけないのですね。摘蕾が必要ですかひとつの羽肉に一個が原則ですか、ドラゴンの蕾が硬く感じられますがてんぷらでいただけるとは驚きです。少し甘さがあるのでしょうね。
kura
2010年07月09日 07:02
島かあさん、おはようございます。
おっしゃる通り、思いっきりが必要ですね。

一般に、野菜栽培には間引きが必要になってきます。野菜栽培を始めた頃は、この間引きがつらかったです。折角、生きようとするものを摘み取っていくのですから。
しかし、今は、間引く基準を決めてさっさとやっていきます。間引いたものはできるだけ、他に活用するようにしてきました。例えば、大根の葉なら、味噌汁の具やふりかけにしたりなどです。

沖縄では豚を「ひづめと鳴き声以外は全部食べる」と言われるほど、一切を無駄に
しないようです。折角、生まれたいのち、どこかで活かしてやりたいですね。
kura
2010年07月09日 07:24
野次喜多日記さん、おはようございます。
おっしゃる通り、放置はいけませんね。野次喜多さんなら、その点、十分、熟知
されていると思います。あれだけの立派な野菜を作られるのですから。

ドラゴンの栽培については、経験者に尋ねて、とりあえず、その通り、やっている
段階です。だから、自信などありません。
今年の結果を見て、少し、自分でも何か言える事が出来るかもしれないと考えていますが。

蕾の天ぷらは、私の場合、甘さはあまり感じませんでした。ぬるっとした感触は
ありましたが。
もっとも、お酒を飲みながら食べたの感想ですから、あまり、あてにできません。
沖縄原
2010年07月09日 10:02
先日kuraさん宅でご馳走になったお料理に、ゴーヤのわたの
天ぷらがありました
いつも捨てていた部分がおいしいお料理に変身!
まさに目から鱗でしたが、その時ドラゴンフルーツの蕾もおいしく
食べられることを知りました

土地の物は土地の人に食べ方をお聞きするのが一番!
食べ物を無駄なく料理することは大事なことですし、
思いもよらない食べ方を知るのはとても楽しいことです
まして丹精込めて作った物なら、尚更でしょうねー

kura
2010年07月10日 08:48
沖縄原さん、おはようございます。
おっしゃる通りですね。まぁ、食べ物に限らず、土地の事は土地の人に聞くのが
一番ですね。
本やインターネットでは知り得ない、大切な情報がいただけます。

お向かいの方は宮古の食材を中心にした料理講座に通われています。
講座の内容のみならず、他の方から、いろいろな情報をいただける
機会もありそうです。

私も他の方面で、そういう機会を作りたいなと考えています。
2010年07月10日 10:53
はじめまして、こんにちは。
私も、宮古島に移住しているものです。
たまたま、こちらのブログを拝見し、たのしそうだなぁっと思ってコメントさせて頂いています。
これからも、ちょくちょくお邪魔させて頂きますねっ。
私もブログを書いているので、良かったら見てみて下さい。
kura
2010年07月10日 12:14
マナさん、初めまして。
マナさんのブログ、拝見しました。どのページを見ても
写真がとても綺麗なので、感心しました。
特に”MIYAKO ISLANDO ROCK FESTIVAL 2010 前夜祭 ”には私も参加していました
ので、興味深く拝見しました。
どの写真も素晴らしいのですが、その中で、牛乳パックの灯り、舞台での盛り上がりの様子、描かれた絵、キャンプファイアーの様子が印象に残りました。

聞けば看護師のお仕事をされているご様子。
その専門性を活かして各イベントにもお役に立つ活動をされているとか。
すごいですね。

看護師のお仕事はこちらが想像する以上に大変かなと考えますが
一方、直接、人のお役に立つ素晴らしい仕事だと思います。
どうぞ、お身体ご自愛されて、お励みください。

こちらこそ、よろしくお願いします。