ドラゴンフルーツにまた新しくたくさんの蕾がつきだした ブーゲンビレアにたくさんの苞がつきだした

9月6日(月)曇り一時雨 最高気温30℃ 最低気温27℃ 南西の風のち南東の風 

画像


7~8月、1回目の収穫が終わった後、しばらくお休みをしていた
ドラゴンフルーツにまた新しくたくさんの蕾がつきだした。

一斉に蕾が吹き出てきた(多少の時間差はあるものの)から
収穫に期待が持てる。

1回目の収穫後、「遅れてきた青年」のように、一つだけポツンと
蕾を付け、花を開き、そして、そのまま実にならず、地面に
落下したものがあった。
受粉が出来ないのだ。

最低2つ以上の花が同時に開かないと受粉が出来ない。
そして、蜂に任せず、人間の手で、人工授粉を行う事が
大事だ。受粉率が違う。


画像


収穫間近な実がまだ3つある。


画像


8月、剪定したブーゲンビレアにたくさんの苞がつきだした。
これは剪定せず、しっかり育てよう。


この記事へのコメント

沖縄原
2010年09月07日 19:26
kuraさんが手塩にかけた分、植物は裏切らずにkuraさんを
喜ばせてくれますねー^^
次回の宮古ではブーゲンの花を見せていただけるかな?
楽しみです!
kura
2010年09月07日 21:34
沖縄原さん、こんばんは
ドラゴンは基本的にサボテン科の植物ですから、あまり世話していないというか
その必要がないというか。時々、米のとぎ汁を与えたり、灌水をする程度で。
剪定、人工受粉は大切ですが。

ブーゲンは満開になるまで少し時間がかかります。その姿を見て戴けるかどうか
ちょっと心配ですね。

hiro
2010年09月11日 11:20
kuraさん、こんにちは^-^
ドラゴンフルーツは、二度目の収穫も間近ですね。
お花をそのまま実にしたようで、カラフルで可愛いですね。
12年前頃、マレーシアに行った時、食べたことかあるのですが、
現地のいろいろなフルーツを食べたので、
どんなお味か忘れてしまいました。

我が家のブーゲンビレアは咲きそうで咲かないんですよ。
葉の先端が色づき始めたのですが、また緑になってしまいました。
お花を咲かせるのは難しいですね。
kura
2010年09月11日 14:36
hiroさん、こんにちは。
ドラゴンの味は、そうですねぇ、シャリシャリ感があり、甘味を多少抜いたスイカや梨のような味(?)です。うまく言い表すことができませんが。

ブーゲンビレア、咲きそうで咲かないのですか。苛立ちますねぇ(笑)
暑すぎるのでしょうか。

宮古では、夏場、幹や枝を太らせる時期だそうで、毎日の灌水、月2回の鶏糞を
たっぷり与えています。困ったことに、鉢植えの方は苞がたくさん付いています。秋の涼しくなった時期にたくさん付いてくれるとありがたいのですが。

反面、露地(垣根)の方は枝や葉がどんどん茂れるばかりで、一向に苞の姿は見られません。これも心配の種です。ブーゲンも難しいですね。