比嘉ロードパークから日の出を見る  今日から製糖操業が始まる  

1月8日(水)晴れのち曇り 最高気温23℃ 最低気温18℃ 南東の風のち北風
海上風速15m

画像
比嘉ロードパークから見た日の出(午前7時40分頃)

今朝、少し早起きをして、比嘉ロードパークに
日の出を見に行った。

宮古島の日の出眺望スポットは東平安名崎や
ここが代表的な場所であろう。

元旦には大勢の人が集まっていたはずだが、
今朝は誰もいなかった。


画像
画像


日の出時刻が午前7時25分。



画像
画像


まもなく、雲の上縁にギラギラと燃えるような
オレンジ色が現れてくる。

まるで、強烈な1本のネオンサインを見ているようだ。

徐々に、太陽が姿を現し、空一面がオレンジや黄に
染まっていく。



画像


波間に光がゆらゆら揺れて美しい。


画像



画像


光を浴びて、休憩所が赤らんで見えた。

日の出を見ながら、今年も1年
しっかり頑張ろうと思う。


記事関連

昨年は東平安名崎
↓ 
http://1120kura.at.webry.info/201301/article_1.html


今日から製糖操業が始まる

画像
宮古製糖城辺工場

午前8時半ごろには、キビを満載したトラックが
工場内で待機していた。

今期のキビの作況は前期に比べて
減少するようだ。

その理由について、地元紙は
「6月下旬から8月にかけての干ばつ傾向で
春植えや株出しを中心に生育が鈍化。
台風接近に伴う葉の裂傷や塩害でも全体的に
ダメージがあった。」と述べている。

しかし、今年は、国からの交付金や
製糖工場からの原料代が上昇、前期比
1トン当たり390円のアップとなった。

キビ刈りはきつい仕事だが
農家にとって、こういう事も
一つの励みになるかな。


この記事へのコメント

イトケン
2014年01月08日 23:15
とうがにあやぐが合う風景ですね♪
kura
2014年01月09日 08:58
イトケンさん、おはようございます。

日の出風景は確かに「とうがにあやぐ」に合いそうですね。
太陽が地上に生きるすべてのものを照射し、その幸せを
願う(かな)最初の風景ですから。

師匠が時々歌ってくれるのですが、かなり声量が
必要なようで、歌自体はなかなか大変だと
感じています。

この記事へのトラックバック