ペットボトルで三線を作り、カヤックで伊良部に渡ったイトケンさんの「伊良部トーガニ」を聴く

2月13日(金)晴れ 最高気温20℃ 最低気温14℃ 北風のち北東の風 海上風速8m

画像
「ヤマトブー大岩」

伊良部島の散歩1日目。

伊良部大橋橋詰辺りからスタートするつもりであった。

が、適当な駐車場所が見つからない。
やむを得ず、大橋から佐良浜方面へ
しばらく行った所の「ヤマトブー大岩」から
橋詰に向かって歩く。


画像


それにしても、驚嘆するようなドデカさだ。


画像


※クリックすれば拡大します

重量3万トン余り。
測ったのかな。(笑)


画像


向こうに「ヤマトブー大岩」


画像
大岩の向かいの海

工事中らしき鉄筋の組立が見えたが、中の様子を
見ると、今後、工事を続けるのかなの印象を持った。


画像
同じく、大岩の向かいの海

伊良部大橋が見える。


画像
「イラウタウガニ」

初めて聞く名前。
「伊良部トーガニ」の事か。

画像



画像


ここで紹介したいのは、私のブログに、
時々、コメントを寄せて下さっている
イトケンさんの動画。

「伊良部トーガニ」を情感豊かに歌っている。
渋い歌声だ。

彼は漂流・漂着ゴミのペットボトルで三線を
作り、カヤックに乗って宮古本島から伊良部島まで
渡った猛者。

カヤックから撮った宮古の風景等も一つ一つが
秀逸。海から撮った写真も珍しい。

宮古民謡、宮古の風景などに関心がある方は
必見です。








画像



画像



画像



画像
サバニ


画像
長山鉱山


画像
何かのお店だったのかな


画像
茶色一色の木

今日の歩きは40分ぐらいか。

画像


さて、次回の散歩。

地図でお示ししたように、「ヤマトブー大岩」から「佐良浜漁港」まで、
道路の海側は木が生い茂るジャングル地帯であり、墓地団地というべき
お墓の集まりで、海に出る道がない。
よって、次回は佐良浜港辺りをスタート地点にしたい。

記事関連

イトケンさんのブログ

http://takibiongaku.blog24.fc2.com/



この記事へのコメント

イトケン
2015年02月13日 18:54
ブログ掲載ありがとうございます。
大橋がかかって浪曼がひとつ消えましたがいつか自転車で渡りたいとも思います。
動画は発音がまだまだですね。今もですが(^ω^)
kura
2015年02月13日 19:54
イトケンさん、こんばんは

しみじみ聴かせてもらいました。いい歌ですね。

私は今3月4日のサンシンの日に「とうがにあやぐ」と「大世栄」を
歌う予定にしていますが、なかなか手強いです。

橋が一つかかる事によって、いろいろな事が変わっていくでしょうね。
時代の流れとでもいうのでしょうか。

宮古口は難しいですね。今でもさっぱりわかりません。
「大世栄」の4番「天貢物」(てんぐもつ)のところ、
「てん」ではナイチャ、「てぃん」(この表記も正しいかどうか怪しい)
と発音しなければダメとの注意を受けました。
ま、言われたとおり、発音していますが、宮古の人が聞けば
違和感はあるでしょうね、多分。







この記事へのトラックバック