家内が「長岡京市長賞」をいただく事になったー「第23回長岡京展・工芸部門」

2月24日(火)雨のち曇り 最高気温23℃ 最低気温20℃ 北風 海上風速8m

画像
「陶の灯り」
 
※「長岡京市」様よりお借りしました。

家内が「第23回長岡京展」工芸部門で、
「長岡京市長賞」をいただく事になった。

ま、亭主としても嬉しいことである。

タイトルは「陶の灯り」。

この作品の制作過程は昨年、すでに
ブログで紹介している。

「家内の作品ーランプ作り 」

http://1120kura.at.webry.info/201407/article_16.html

お時間があれば、見てやってください。

受賞作品は昼間(多分)長岡京市の職員が撮られたもの。

暗闇の中で、明かりを灯すと、こんな感じになる。

「 」内は家内の言葉です。(昨年7/30付けのブログから)

画像


「今までの作品は、穴を開けていない部分が
模様となって浮かび上がるようにしていました。

しかし、今回は、穴を開けたところが模様に
なるように作ってみました。」



画像


「置く向きによって違う模様が壁に映ります。」



画像


「細かい部分ではいくつか失敗がありますが
まあまあよくできたと思っています。」


なお、「第23回長岡京展」(主催:長岡京市文化協会)
のあらましは下記の通り。

お近くの方や陶器などに関心のある方は、
是非お出かけください。

展示

◎期間:平成27年3月6日(金)~3月8日(日) 
午前10時~午後5時。(最終日は午後4時まで)

◎会場:中央生涯学習センター(JR長岡京駅西側 バンビオ1番館内)
2階 市民ギャラリー、3階 特別展示室

◎後援:長岡京市、 長岡京市教育委員会、 京都新聞、
長岡京市公民館サークル連絡協議会

表彰式

日時:平成27年3月7日(土) 午前10時30分から~

会場:中央生涯学習センター(JR長岡京駅西側 バンビオ1番館内)
    3階 メインホール

顧問審査員による講評会

工芸部門: 内藤英治氏 大高義教氏

日時: 平成27年3月7日(土)午後2時30分~午後3時30分
場所: 3階特別展示室

記事関連

「第23回長岡京展・入賞者氏名」

http://www.city.nagaokakyo.lg.jp/0000001424.html

この記事へのコメント

沖縄原
2015年02月24日 23:06
わー! 奥さまの受賞 誠におめでとうございます!!!

本当に素晴らしいランプですよね!
夜に灯をともしたところを、実際に拝見してみたいと切に思います。

Mさん、これからもどうぞ素晴らしい作品をお作りになってくださいね~!
本当におめでとうございました!!!
kura
2015年02月25日 04:05
沖縄原さん、おはようございます

今回、先生に勧められて久しぶりに出品しました。
京都新聞社賞をいただいて以来の出品です。
これを励みに、さらに謙虚に、作品作りに取り組んで
くれたらと願っています。

闇の中でのランプの灯りは優しい雰囲気を
醸し出し、心を落ち着かせる効用がありそうですね。
いつかの機会に、沖縄原さんにも味わっていただきたいな
と思っています。

お祝いのお言葉、ありがとうございました。














kuu
2015年02月26日 15:41
Mさん、おめでとうございます☆

Mさんがお作りになった数々のランプ、この目で見たいものです。
灯りをじっと見つめながらぼーっと考え事したいなぁ…そのまま眠りたいなぁ…(^_^;

今後もblogを通してMさんの作品を見ること、楽しみにしています( ´∀`)/~~
kura
2015年02月26日 16:40
kuuさん、こんにちは

お祝いのお言葉、家内になり変わってお礼申し上げます。(笑)
 
4行目から5行目のkuuさんの心境、現役時代の私にも
ありましたね。

家内は次の作品作りに少し悩んでいましたが
現在、デザインも決まり、下絵を描き始めたところです。
いずれ、完成次第、こちらに送ってくるはずですから
また見てやってください。


この記事へのトラックバック